働き方

永遠に幸せになれない転職の条件

お金の受け取り方を変えたい、働き方をシフトしていきたい転職希望の方、ここを外すと永遠に幸せになれない条件をまとめました。

一つは、その環境を選んだのは他でもなく自分自身だと受け入れること、次にどんな環境でも一定の制約があり、その制約を愛すること受け入れることです。これができなければ次にどこへいっても幸せを感じることができないでしょう。

一つ目の理由は、今起きている現実というのは自分の中の価値観から無意識に選択された結果であり、紛れもなくその価値観は自分発だからです。

次に二つ目の理由はどんな環境でも幸せのカケラはありますし、そこに気が付かないというのはその人の心の持ちよう、姿勢の問題なのです。

ですから、その心の姿勢を持ってするとどこにいっても幸せを感じることはできません。

永遠に自分の外に幸せを求める、もったいない人になってしまいます。なぜなら制約がない環境なんてないからです。どんな場所に行っても自分の好きに自由にできることはないでしょう。

おはようございます、星野紘子です。

時計の針は22:00を回りました。仕事から帰って一日のなかで唯一の自分時間を楽しむ夫は、録画しておいたアニメ漫画を見ています。私はあまり興味がなくて見ないので、どんな漫画か知りませんでしたが、こんな面白いことを教えてもらいました。

それは、「サラリーマンが転生して、別のものに生まれ変わる漫画」で、人気があり、アニメ化されているんだよ、ということでした。

こういう流行り物はその時代の流れを色濃く反映しています。

私はサラリーマンの方で生まれ変わりたい願望、別の場所で生きていきたい願望があるのかなと感じました。

私が今運営している自分の言葉で世界観を作り、働き方をシフトするためのオンラインサロンも会社員の方が多数いらっしゃいます。

私自身は会社でお世話になった経験が色濃くあり、会社って確かに時間的な制約があるけれどありがたいなと思う気持ちの方が強い人間なので、組織で働くことにさほど抵抗はありませんでした。

でもやはり世の中の流れは働き方=お金の受け取り方を変えたい方が多いです。特に、組織で働いている方でもっと自由になりたい!!という方が多いように思います。

個人的に、お金の受け取り方を変えるのは賛成なのですが、それには条件があると考えています。

具体的には冒頭に書いた二つです。

まず、今の職場の環境を周りのせいにしないことです。

・時代が悪かった
・それしか選択肢を両親から与えられなかった
・面接官に落とされて結局今の所しかいけなかった
・大学の先生が推薦したから

本当にそうでしょうか。今の現実を作っているのは紛れもなく自分自身の選択の結果なのです。自分が持っている無意識の価値観からくる選択を積み重ねてきた結果、いまがあります。現実はそういう意味で完璧です。ですので、まず今の環境は自分自身が選択してきたと受け入れること。

次に、どんなところに行ったとしても必ず制約があります。自分の好きなように生きて、自分の好きなように動いて、お金をいただくなんてことは自由ではありません。

一定の制約があるから、自分の時間自分の意思でできることに自由を感じることができるからです。

手を使ってはいけないルールがあるからサッカーは楽しいのだし、完全な型があるから舞踊は美しいですね。

まずは今の制約の中から楽しいことや面白いこと、自分が恵まれていることを知ることって大事ですよ。

どんな環境でも幸せを感じることができる人であること。これが二つ目の条件です。

ネット時代の今、働き方のシフトは滑らかです。この奇跡に近い今の時代の日本に生まれた幸運に感謝をして、自分が一番快適なお金の受け取り方ができる人が増やしていこうと思っています。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから