家族

子育てにはいつか終わりがくる

本当に贅沢な暮らし方というのは
「今」に集中し、その時間を
楽しむことができる暮らし方ではないでしょうか。

なぜなら、そういう暮らし方をするためには
時間に追われて余裕がない状態だと難しく、
日常の小さな幸せのかけらに気づくことが
できる自分であることが欠かせないからです。

どんな環境の中にも
幸せを感じ取ることができる人が
豊かな暮らしができる人なのかもしれません。

4歳と3歳の息子たちは
夜寝るときにまだ私の添い寝が必要です。

少し前までは
「早く大きくならないかな」
「添い寝から解放されたい・・・」
「大概寝落ちするから、夜の自分の時間が取れない」

と割とネガティブな感情で
過ごしている自分に気がつきました。

ふと考えてみると
子育てというのはどこかで必ず終わりがきます。
添い寝だってもう数年経てば
私がきっと
「一緒に寝ようよ♪」
と行っても拒否される可能性大です^^;;

という風に考えると
毎日の添い寝だって
寝落ちだって
今しかない味わえない
大切な時間ですね。

その時はなかなか
冷静に考えて思うことができませんが
子育てのことに関していえば
いつかこれも終わりの日がくると
気付ける余裕があると
一つ一つのことも
光溢れる大切な時間と様変わりします。

添い寝の時間すらも楽しむこと。
幼い「今」の息子たちの時間を
大切にすること。
本当に贅沢な暮らしの一歩は
この瞬間を楽しめることですね。

やんちゃな息子たちに向き合うと
すぐに忘れてしまうので
ブログに綴っておこうと思います^^

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら