家族

これからのいいお母さんの条件

地元の美味しい地中海料理屋やさん。
12時に予約、入った時にはまだ
誰もお客様がいなかったのに
1時間もすれば女性たちに
店内は埋め尽くされます。

今日は保育園のママ友と初めてランチ。
保育園のママはみんな忙しく
人間関係がドライなのですが
今日ご一緒の方は次男が同じクラスで
お互い在宅ワーク同士。

今年小学校一年生に上がった
お兄ちゃんの話から見る
「小一の壁」のリアルな悩み。
我が家も長男が来年年長さんなので
そう遠くない話です。

・PTAがらみの呼び出しが平日午前中
・宿題は保護者が目を通すこと
・幼稚園時代と違って心の成長を感じる
などなど

彼女は週に2日の在宅勤務が大変ありがたく
今後はもっと家にいる時間を
増やしていこうと思っているとのことでした。

保育園と違って
小学校に上がると
子供の心の成長曲線も大きく伸び、
手はかからなくなる分
心の目はしっかりと向けてあげたい。

わかるなーー、その気持ち。

女性ってどのステージも
両立するものが多すぎるので
自分の中の優先順位を決めて
手放せる人になっていくことが
大事だと思うんです。

例えば、子供の面倒を今以上に
見たいと思ったら
フルタイムの仕事を手放す、
もしくは
仕事ができるように家事を手放して
外注化するとか、
学童の送り迎えだけでもシッターさんに
お願いするとか。

全部自分で抱えると
かなりの確率でママ自身が
キャパオーバーになります。
なので、どこを手放すのかを決めて
信頼できる他力に頼ることが
上手に暮らしていくキーワードかもと
最近感じています。

これからのいいお母さんの条件は
手放せること。

++++++++

あなたは何を手放しますか?

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら