家族

一日で一番エネルギーを高める時間

朝食を囲むテーブルに家族全員が揃い、今日の予定を話しあう。
子供達は会話がやっとできる年頃なので、
話し合うというほど会話はないかもしれません。
時間にして、20分くらいでしょう。
この20分を私はとても大切にしています。

公務員の主人と自営業の私、
保育園に通う子供達が一日のうちで
全員が揃うのは朝食の時間だけ。
この時間は家族が一緒に時を共有する、
プライスレスな時間なんです♪

朝食の時間を有意義にするために私が気をつけている
3つのことをシェアしますね。

1.テレビは消す。

テレビが掛かっていると全部そちらにエネルギ-を持って行かれる気がするので
ご飯の時は消します。ニュースも消します。
新聞を読みたがる主人にも我慢してもらいますよ。
ご飯を一緒に食べるというのは、単に栄養補給をする時間ではなく、
時を共有しているというイメージを私は持っていますが、いかがでしょうか?

2.出来るだけ時間を長くとれるように、早く起きる

4人が一緒に食卓を囲むには、私が一番ネックになります。
つまり、ご飯の用意が遅いと私が席に着けなくなり、
結果4人で一緒の時を過ごすことができないんですね。
そのためには、5時半からご飯を作ります。6時頃に家族が揃いますので
どんなに眠くてもこの時間には起きないといけないですね・・

3.子供達にできるだけお話をしてもらう

「今日はどんなことがあるかな」「楽しいことがあるといいね」
小さな事でもいいので、できるだけ会話が成り立つように質問をします。
家族とたくさん言葉のキャッチボールをしてもらいたいですね。

食事を共にするというのは人生を一緒に歩む上で
とても大切なことだと考えております。
小さな小さな積み重ねですが、一日を過ごす活力となる、
そんな時間にしていければいいな~。

男は、敷居をまたげば7人の敵あり

3人のメンズを抱える我が家、
家は彼らにとって心のよりどころであり
安住の場所、羽を休める場所でありたいですね^^

★プロフィール★

時給から使命給へ。生きる姿をお金にしよう。

使命に沿った生き方とビジネスを融合し、本当に裕福になる起業文化を広める活動をしています。

使命給ビジネススクール主催、オンラインサロン運営11年。

正社員で働いていたのですが、育児休暇明けの家事育児・仕事の両立に挫折、お金を稼げない自分に全く価値を見出せなくなりました。

本気で働き方を変えようと藁にもすがる思いで始めた情報発信、そこから試行錯誤を繰り返しオンラインビジネスの仕組み作りの体系化に成功しました。

この経験を踏まえて、様々な方の経営のオンライン化に携わる中で見出した本当のお金持ち、本当の豊かさを探求するビジネスモデル、使命給ビジネスをお伝えしています。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから