家族

できるだけ平日家事をしないための計画

未来を変えるのは、“緊急ではなく重要”なこと。
目の前の緊急で重要なことに手を取られていると、
自分が向かいたい未来への投資に
当てる時間がなくなってしまいます。
私の場合、
緊急で重要なことは日々の家庭の家事があるのですが
ここをどうやったら
ショートカットできるのか・・
今の課題ですね。
そこで、あれこれできるだけ家事に
時間を取られない方法を考えてみました。

1.アウトソーシングを上手に使う

最近、キッズラインというサービスに登録しました。
これは本当にすばらしいサービスで、
ベビーシッターからお掃除まで
その道のプロの方とマッチングするサービスになります。
しかも、安い!!

ベビーシッターさんって
高いイメージがありましたが
このマッチングサイトを利用すると
リーズナブルな価格で
しかも時間も2時間から
利用できるという優れもの。
考えた経沢さん、本当にすごい。
私の憧れの経営者です。

2.料理は半分おかずになっているのを大量につくる。

平日できるだけ料理をしないようにするためには、
週末「おかずなりかけレベル」のものを
大量に作って冷凍&冷蔵しておくことにしました。

でもそうすると
せっかくの休みが料理で半日終わる、
ということになりかねないので、
ここもいずれはアウトソーシングします。

コツは半分おかずなこと。
汎用性が高いし、
大量に作ることができるのでいいですね。
例えば、もやしとニラをゆでで、
ごま油と塩で味付けしておくとか。

ここまで作っておくと、
豚肉の細切れと一緒に炒めれば一品できる♪というわけです。

3.高い電化製品を買う

例えば掃除機だったら、
自動的に自分で掃除をしてくれるものを
選ぼうと思います。
子供が小さいと,
泥だらけでかえってくるし家の中はいつも砂が・・・・

掃除の時間はお金を払って解決できるのであれば、
もう機械にしてもらおう。
ここはこれから挑戦する分野です。

4. 家事の負担は夫婦平等

いや、、むしろ旦那さんのほうが多いかもしれない・
洗濯は夜のうちに済ませ、
お風呂掃除は私が朝ご飯を
作っているうちのお願いします。

保育園の送り迎えは一人ずつ担当し、
私が子供の世話をしている間に
食器をかたづけてもらっていたり・・・
そのうち子供も手伝ってくれるかも♪♪
お手伝い大歓迎です。

うちは保育園を二つ通っているので
送り迎えが大変です・・・・
ここをまず改善しよう~!!

5.クリーニングは宅配を利用しよう

どうしてもドライのものが出てきますよね。
多少お金が掛かってもクリーニングに
お願いしてみようと考えております。

クリーニングって閉店時間があるので、
自分で時間をコントロールすることができません。
だったら取りに来てもらって持ってきてもらおうと
ストレスフリーかも。

私は専業主婦の母に育てられ、
家事を母親がするのは当たり前、
子育ても小さいうちは母親のそばで
育てるものだと教わりました。
本当は働きたいのに、
母の教えを守るとどう考えても
時間とエネルギーが足りません。

当初は家事が進まず、
保育園に預けることに
罪悪感を感じていました。
・・・でも、悟りました。

仕事をするならば、家事育児はアウトソーシングしないと無理!!!
子供だって昼間は保育のプロと過ごし、
同年代の友達と一緒に遊ぶことは楽しいし
ずっと母親とべったりでなくても良いと思うのです。
家事だって、私がしないといけないわけではなく
その道のプロがいるなら、助けを借りたいと思います。

家事育児は人の手を借りまくって良い!!!
私の中で出た結論です。
人の手を借りて良い。
このことが腑に落ちたら、すごく楽になりましたよ。

アウトソーシング万歳です♪

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから