ひとりごと

質問は最高のギフト

ブログをご訪問いただいまして、ありがとうございます。星野紘子です。
時代にあった女性の働き方を考えるうねりを作ろうとWebメディアの編集長やオンラインサロンを運営している、40代ワーママです。

今日はオンラインサロンでご一緒している大和隆之さんがパーソナリティーをお務めになる、Webラジオ番組「ゆめのたね」に呼んでいただきました!
そこでの気付きがこちら。

人は外からの圧力ではなく、自分自身の気づきや学びといった中から湧き上がるものをきっかけに行動し、変わっていくんだと思います。

だから良い質問は最高のギフト。大和さんの質問が絶妙で、その質問を受けた私は自分の心に改めて問うてみる機会をいただきました。

どんなことをお話ししたかといいますと、

 

◎私の変哲な?キャリアについて
・お天気お姉さんから自衛隊に入ろうとした経緯
・そこから何でWebの世界に入ったのか
・さらには仕事と育児の両立ができず退職した経緯

◎子育てについて
・親は選択肢を与えるのが役割
・子供の意思を尊重しよう
・保育園時代はダイナミックに、小学校時代は心に寄り添う育児をしたい
・「3歳までは母の手で育てる」はないわーー
・子育ては信頼できる他力に任せよう

◎そのほか
・お母さんから満たさないと家庭は回らない
・愛情をかける順番は自分→夫→子供(上)→子供(下)
・逆も然り
・パパママである前に男女である

 

こんな内容を素晴らしい大和さんのエスコートにより30分弱お話する機会を頂きました。

非日常だったわ・・なかなかないチャンスを頂きましてどうもありがとうございました!!

パフェもご馳走いただきまして大和さんは最後まで素敵時間を創っていただきました。

廃校跡を改装した何だか懐かしいスタジオの雰囲気が印象的でしたよ。
↓こちらは手洗い場です。蛇口が上を向いているところから懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段も真ん中にラインが入っているあたりが中学校ぽいです。

質問は相手に与える最高のギフト。

私も小さな気付きのきっかけをギフトできるようになりたいですね。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら