パートナーシップ

排卵日にパートナーが積極的じゃない時に、妊活女性が乗り越えるコツ

子供が欲しい共働き夫婦にとって、月に一度の女性の排卵日は外せないチャンスです。子供ができる可能性の期間は少なく、その時期は夫婦生活を営むカップルも多いのではないでしょうか。男女ともにその月に一度のXdayに積極的だったらいいのですが、いつもそうではないこともあると思います。例えば女性は積極的だけれど、男性が仕事が忙しくてその日に帰れなかったり、疲れて寝てしまったり。二人の都合がうまく噛み合わないと、チャンスが一年で12回程度だということもあり、相手にイライラしがちですよね。そんな夫婦あるあるの乗り越えポイントを考えてみました。

相手をコントロールしようとしない

結論を先に書いてしまうと、その日に夫婦生活ができるために、自分ができることにフォーカスする、に尽きると思います。遅くまで仕事を入れないとか、先月よりも綺麗でいるために努力するとか。そして自分ができること以外は手放すこと。

なぜなら「相手はコントロールできない」から。自分がいくら夫婦生活を営みたくても、相手に事情がありますし、そこをコントロールすることはできません。ついつい、「今日が排卵日でチャンスなのに、なんで早く帰ってこないの!?」とか「なんで今日に限ってすぐに寝るのさ」など、相手の行動にイライラしがちです。けれども、繰り返しになりますが、自分では相手の行動をコントロールすることはできません。コントロールしようとすると、逆にギクシャクしてしまい、本当は豊かな時間のはずなのに義務感満載になり、男性をATMにしかみられないようになってしまいます。

私は子供が欲しいなと思った時、基礎体温を計り出して、アプリで管理し、排卵日を予想しようとしていました。もちろんその日を旦那さんに伝え、できるだけ早く帰ってもらいました。夫も子供が欲しいと思っているので、基本的には協力してくれます。しかし、たまに仕事で遅くなったり、疲れてしまったり、いつも夫婦生活ができるわけではありませんでした。最初私は夫にイライラしていました。でも、私がイライラしてもなーーーんにもいい事がないことにも気が付きました。そのためだけの義務になるなんて味気ないし、そもそも相手に強要するのって違いますよね。例えチャンスが月に限られていたとしても。

手放し受け取る

まとめると、、相手をコントロールすることはできません。自分のコンディションや、綺麗になろうと努力すること、人としての器を大きくすることにエネルギーを注いだほうが結果的にうまく行くんですよね。排卵日にパートナーが積極的じゃない時は、まずはコントロールができない話だと一旦手放し、自分の魅力を高めるためのステップにするチャンスだと受け取ってみてはいかがでしょうか?


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら