お金との付き合い方

母さん、革新的にお金を使う

「姫であること」
ウーマン美人学
ほしのひろこです。

姫とは、
自分の人生を生きる女性のこと。

令和の女性の在り方を
【ウーマン美人学】として、
視点、考え方をお届けしています。

いつもお読み下さる皆様、
感謝の気持ちでいっぱいです。

家事とは、
家庭を満たし調えること。

そこに母親しかできない
聖域はもうありません。

家庭は社会の最小単位です。
家庭を満たし調えることは
社会を調えることでもあります。

必要なら家族以外の他力を借りる。
なぜなら、
家庭も社会も
垣根はなく、
みんなで豊かさを
シェアしていく時代だからです。

一石四鳥のお金の使い方

明日は私が一日出かけるために
シッターさんに
午後からおかずの作り置きを
お願いいたしました。

2時間で8品お願いしました。

・ミートソース
・鶏肉のワイン煮
・かぼちゃの甘煮
・ひじきの煮物
・キノコのマリネ
・かぼちゃとしめじのクリーム煮
・野菜たっぷりチャプチェ
・野菜スープ

+離乳食のとりわけ

これだけあれば
今週のご飯は十分で、
私はとても助かっています。

感謝とともにお金を
お支払いし、

「ありがとうございます」

と心からお礼を
お伝えしました。

1)私が助かり
2)お仕事が増えて
  シッターさんも嬉しい
3)作っていただいた料理を真似て、
  私のレパートリーも増え
4)食費も節約

プロのお料理の
お味もとても美味しくて、
コツを教えていただくことで
私の腕が上がりました。

みんなが
幸せになるお金の使い方です。

豊かさはシェアすることで増える

家事はこれまでは母親の仕事だと
思われてきましたが、
これからはその垣根もありません。

家事は家庭の中の夫婦での分担という
狭義の意味ではなくて、
社会全体で分担していくものへ。

得意な人に得意なところを
お願いしたらいいのです。
それが夫婦の中で
完結できなかったら
他力をお借りする。

家庭料理でも
聖域ではないのですよ。

家事とは満たし調え

姫であるための4つのステップ

1)満たす
2)調える
3)的を出す
4)受け取る

とお伝えしておりますが、
家事というのは
家庭を満たし調えること。

家族がエネルギーをあげて、
日々気力体力を
調和させていく場所です。

とても大切な場であるからこそ、
お金を払っても
必要なら家族以外の他力も
お借りしましょう。

家事にお金を使うことに
抵抗がある女性は
多いと思います。

しかし、お金を最初に投資するのは
自分自身であるのと同じで、
家族のメンテナンスに
お金を使えると
女性に心の余裕ができて
結果、家族を一層満たすことができます。

家事にお金を使ってください。

家庭とは、
多くの人の協力で
できています。

これまでは、半径1メートルの
人たちの協力だったかも
しれませんが、
これからはそんな制約も
必要ありません。

家庭を社会で作りましょう。

満たし調った家庭を
築くことは、
大きな社会貢献です。

なぜなら、
気力に満ちた子供や男性が
増えれば、
社会は活気づきますよね。

家事こそお金をかけるもの。

「家事は母親がやるべきもの」
このような価値観は手放して下さい。

社会で得意なところを
シェアすることで、
関わった人と共に豊かになる、
令和流の革新的なお金の使い方を
しませんか?

Be Lady
Be Colorful!
(自分の人生を生きよう)

ほしのひろこ

家事も他力を借りる♡

この記事がよかったら
ブログをお友達に紹介して下さいね!


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

詳細はこちら