育児

私が創った、現実を愛そう

こんにちは。
ほしのひろこです。

いつもお読み下さる皆様、
感謝の気持ちでいっぱいです。

現実はいつも完璧。
自分が望む通り。

自分が望んでいる通りの
現実がやってきているのに
そこに気が付かない。

もっともっとと
求めている自分に
気が付きました。

人見知りを克服して欲しい

先日、5歳になる
長男の保育園で
ハロウィンパーティーが
ありました。

仮装をして
お菓子を持って親子で参加。

私は長男が輪の中に入って
友達と遊ぶ様子を
眺めていました。

長男はちょっと人見知り。
自分から盛り上げたり
積極的に話の中に入っていく
タイプではありません。

「もっとみんなの
 輪の中に入ればいいのに..」

「ほら、もっと
 お友達と遊んでおいで」

気がつくと私は長男に、
人見知りを克服して欲しいと
願っていることに
気が付きました。

これでいい

長男が生まれた時、

「この子は祝福されている。
 元気でいてくれれば
 もう何もいらない」

そう心から祈っていた自分を
思い出したんですね。

「あれ…??
   願いは叶っている。
 長男は元気いっぱいだよね…」

すでに私の願いは
叶っている!

自分で祈ったことは
すでに叶えられているのに、
私はいつの間にか
もっともっとと
求めていました。

ありのままで元気なのが
私の望みだとするなら、
もう十分叶っているのです。

これでいいんです。

現実は完璧

現実はいつも完璧。
自分が願った通りです。

なぜなら
私の内面が投影されたものが
現実だからです。

「子供は元気であるべき」

この価値観を握りしめて
日々長男に接してきました。
私の行動は、
全部この価値観に
基づいていたはずです。

結果、長男は元気いっぱい。
自分が願った通りですよね。

あぁ..親とは
なんと欲深いんでしょう。

子供につい
もっともっとと
求めてしまう。

現状に満足することなく
さらに自分の願う通りに
なって欲しいと思う。

もっともっとを
手放そう。

今の現実は
あなたが
願った通りだとするなら、
どんなメッセージを
携えているのか。

「お母さんの望んだ通りだよ。」

自分が創った、
現実を愛そう。

Be Lady
Be Colorful!
(自分の人生を生きよう)

ほしのひろこ

現実はいつも完璧♡

この記事がよかったら
お友達にブログをご紹介してくださいね!

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス