家族

「作った食事を食べてくれない」と怒っていた私の弱さ

時給から使命給へ 生きる姿がお金になる働き方を
上質女性のための働き方コーチ、星野紘子です。

自分が作ったものを食べてくれない
イコール
私を受け入れてもらっていない

私は長くこんな価値観を持っていました。
そのことに気がついてどう修正していったのか。
お届けしますね。

今日は朝からおせち料理を作りました。

田づくり、
栗きんとん、
たたきごぼう、
レンコンチップス(!)
紅白なます

今年は酢レンコンではなく、
レンコンチップス。

オンラインサロン「姫プロジェクト」の
メンバーの方が
レンコンチップスにすると
子供たちはよく食べますよ、と
教えてくださいましてね。

早速作ってみました。

食材をどのようにして
食べやすいようにするのかは
台所を預かる私たちの腕の見せ所
なのだと思います。

食は強要してはいけませんものね。
例えパートナーでも。
その人のポリシーがあり
求めないあり方が大事ですね。

以前の私は

「え?なんでせっかく作った料理を
食べてくれないの??」

「もう作らないから(怒)」

と怒っていましたが、
その先には自分が作ったものを
受け入れてもらえない悲しさもありました。

弱い自分があって
悲しさが湧いてきて
でもエネルギーはあるので怒りになる。

自分が作ったものを食べてくれない
イコール
私を受け入れてもらっていない

そんな心の構造がありました。

食べてくれないことを嘆くのではなく
どうしたら食べてもらえるのか。

この発想の転換ができたことは
私にとって大きかったです。

できることをして
美味しく食べる工夫をすることは
むしろ楽しいことじゃない?

「しめしめ..
そのミートソースには
そのまま出すと食べない椎茸や
野菜が入っているのに
食べてくれた❤︎」

「人参をすりおろして
パウンドケーキに入れちゃおう」

「ピーマン、
めっちゃ細切りにすると
よく食べてくれるしね」

今では静かな攻防が繰り広げられる
我が家の台所です。

2021年、今年はたくさんの自分の弱さと
対峙した一年でした。

事実が心を映し出しているとするなら
自分の心のどの歪みが
現実創造しているのか。

時々果てしないと感じます。

果てしなく終わりがないから
いいのかもしれませんね。
日々切磋琢磨できるから。
そんなことを思う大晦日でした。

===
▽豊かな暮らしの基盤を作るオンラインサロンです

【オンラインサロン】姫プロジェクト「暮らし方を変えたい、生き方を見直したい」 「子育てと仕事の両立、いつまで?もう限界なんだけれど」 「定年まで今の仕事を続け...

 

★プロフィール★

「時給から使命給へ。生きる姿がお金になる働き方を」自分の生きる姿をWeb上で発信することでお金をいただく新しい働き方、使命給という生き方を広めています。星野紘子です。

現在は個人事業主様・起業家のオンラインビジネス構築の伴走をしています。

女性が家庭:仕事=7:3で月30万円を自分で稼ぐラインはオンラインビジネス仕組み化の一つの目安と考えています。

その仕組みを創り、自由に生きる使命給の世界に生きるためのオンラインサロン「姫プロジェクト」や、ビジネス講座「はるのひかり」を主宰しています。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから