働き方

暮らしの中で働きたい方、家庭と子育てを両立したい方必須、○○の視点。

時給から使命給へ
姫ism 星野紘子です。

自分のできることに集中しよう。

子供の寝かしつけと
夜のセッション。
時間を同じくするこの両立を
私は「インサイドアウト」の視点で
乗り越えることができました。

昨晩はオンラインサロン
「姫プロジェクト」のお茶会でした。
たくさん笑いましたよ。

瞑想部という素敵な部活も
誕生しました。

部活..
なんとも懐かしい響きでしょ(笑)
楽しみ♪

瞑想といえば
来月からパーソナルヨガを
始めることにしました。

私は力を抜くことが苦手
つい頑張りすぎる傾向があるので、
“緩む”習慣を日常に取り入れてたいなと
思いまして。

普通のヨガですと
ポーズを追いかけるので終わるのですが
無料体験したパーソナルヨガは
一人一人に合わせてくださるので
そこがよかったです。

ご興味がある方が
いらっしゃったらお知らせください。
ご紹介します。

さて、最近の気づきをシェアしますね。

私は夜セッションが入っており
子供たちの寝かしつける時間と
重なる場合も少なくありません。

始まる時間は21:30。
子供とお風呂に入って、
一通り遊んで
ちょうど寝入るか寝入らないかの
瀬戸際時間です。

甘えん坊の長男からは、
“ママがお仕事する日は嫌い”
”背中トントンしてもらえない”
と言われてまして、
私も正直そこに罪悪感を感じていました。

「もう少しそばにいてあげたいな..」

でも仕事は仕事でありますから
まず私がプライベートと線引きを
しないといけないなと考えていました。

そこで、

「背中トントンは21:00まで。
それから先はママの時間ね。
21時までは僕たちと一緒にいるよ。」

と子供たちに伝えることにしました。

「その代わり21時以降は
ママの時間なので
自分たちで寝なさい。
それが嫌なら20時30分くらいには
お布団に入ろうね。」

これが効果てきめん。
子供たちは20時30分には
頑張ってお布団に入って

「ママー、背中トントンして!」

と3つの背中を私に
向けてきます。

自分がどうしたいのかを
ちゃんと伝えること。
自分ができるところの線引きを明確にし、
そこに集中すること。

お仕事と寝かしつけを
両立するために
色々と試してみましたが、
結局私がどうありたいのかを
ちゃんと伝えることが一番だと気づきました。

この気づきのおかげで
自分がやりたいこと
取り組みたいことに時間を割ける
ようになりましたよ。

これもね、
インサイドアウトの視点から。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から使命給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・子育てと仕事を120%両立したい方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給だけの働き方では限界を感じている方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・自分でお金を生み出したい人
・家族の時間を大切に働きたい方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから