家族

喧嘩した夫と、可愛く仲直りする方法

身近な人にほど大切にしたい「ありがとう」という言葉。ついいつも一緒にいると伝える機会を逃してしまいますが、やっぱり言葉で伝えようと思いました。

と言いますのも、今朝主人と些細なことで口喧嘩をしまして・・・

いつもは玄関までお見送りの笑顔の「行ってらっしゃい」なのですが、今日の私はめっちゃ不機嫌でした・・・

こんにちは、ほしのひろこです。数あるブログの中からお尋ねいただきまして、どうもありがとうございました。オンラインサロンを複数運営とサポートしておりまして、現在3人目を妊娠中のワーママです。

今日の口喧嘩の原因は書くのも恥ずかしいくらいの些細なことで、「あー、私って器の小さな人間だな」と朝からちょっと反省しております。

主人が会社に行ってからふと家の中を見ると、お布団は綺麗にたたまれてしまってありますし、子供の保育園の用意、洗濯物の準備も家事を一通りすませて主人は出勤していました。私が小さなことでプリプリしている間にせっせと家事をこなしてくれていたんですね。

文句を言う前に「ありがとう」だったかな、と主人が出勤した後に思いました。

身近な人というのは、ついつい「言わなくてもわかってくれるよね」的なモードになりますが、本当はこれはどんなに親しい人でもないんですよね。

やはり、言葉にしないとわからない。伝えないと伝わらない。

いや、、伝えようとしたって伝わっているかもわからない。もっと言うと伝えようと思っていることの4割くらい伝わればいい方・・

30分くらい経つと、別にどうでもいいや、と思えるレベルのことで、もしかしたら大切なことを私は取りこぼしたかもしれません。

「あ・・やっちゃったな・・・」

という小さな反省を胸に、主人が好きな人参マフィンを午前中に焼きました。

うふふ、可愛く仲直りする方法です^^

「今朝はごめんね、あなたの好きなマフィン焼いたから一緒に食べよう♪」♡

ちょっと膨らまなくて、あまりうまくいかなかったけれど、気持ち、ということで。

今日はノー残業dayです。仕事は早く終わって帰ってくるので、子供達が寝た後、美味しいコーヒーと一緒にマフィンを食べて、そっと謝ろうと思います。

「ありがとう」「ごめんね」は身近な人、距離が近い人にほど大切にしたいですね。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら