家族

喧嘩した夫と、可愛く仲直りする方法

身近な人にほど大切にしたい「ありがとう」という言葉。ついいつも一緒にいると伝える機会を逃してしまいますが、やっぱり言葉で伝えようと思いました。

と言いますのも、今朝主人と些細なことで口喧嘩をしまして・・・

いつもは玄関までお見送りの笑顔の「行ってらっしゃい」なのですが、今日の私はめっちゃ不機嫌でした・・・

こんにちは、ほしのひろこです。数あるブログの中からお尋ねいただきまして、どうもありがとうございました。オンラインサロンを複数運営とサポートしておりまして、現在3人目を妊娠中のワーママです。

今日の口喧嘩の原因は書くのも恥ずかしいくらいの些細なことで、「あー、私って器の小さな人間だな」と朝からちょっと反省しております。

主人が会社に行ってからふと家の中を見ると、お布団は綺麗にたたまれてしまってありますし、子供の保育園の用意、洗濯物の準備も家事を一通りすませて主人は出勤していました。私が小さなことでプリプリしている間にせっせと家事をこなしてくれていたんですね。

文句を言う前に「ありがとう」だったかな、と主人が出勤した後に思いました。

身近な人というのは、ついつい「言わなくてもわかってくれるよね」的なモードになりますが、本当はこれはどんなに親しい人でもないんですよね。

やはり、言葉にしないとわからない。伝えないと伝わらない。

いや、、伝えようとしたって伝わっているかもわからない。もっと言うと伝えようと思っていることの4割くらい伝わればいい方・・

30分くらい経つと、別にどうでもいいや、と思えるレベルのことで、もしかしたら大切なことを私は取りこぼしたかもしれません。

「あ・・やっちゃったな・・・」

という小さな反省を胸に、主人が好きな人参マフィンを午前中に焼きました。

うふふ、可愛く仲直りする方法です^^

「今朝はごめんね、あなたの好きなマフィン焼いたから一緒に食べよう♪」♡

ちょっと膨らまなくて、あまりうまくいかなかったけれど、気持ち、ということで。

今日はノー残業dayです。仕事は早く終わって帰ってくるので、子供達が寝た後、美味しいコーヒーと一緒にマフィンを食べて、そっと謝ろうと思います。

「ありがとう」「ごめんね」は身近な人、距離が近い人にほど大切にしたいですね。

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら