大切なこと

いい母親は、手放す勇気を持った人

これからの時代のいい母親は手放す勇気を持った人。全部自分で抱えるのではなく、大事なこと以外は手放せる女性だと思っております。

私が小さい頃、周りの友達のお母さんはほとんどが専業主婦でした。ワーキングマザーはまだまだ珍しく、父親が外で稼いで母親は家を守る。そんな家庭が多かったかなと思います。

でも今は仕事を持っている女性が当たり前の時代ですよね。そうなるとお母さんに求められるスキルって昔に比べて格段に増えているんですよ。

オリンピック選手並みのスキル!

・3歳までは母の手で愛情豊かに育てよう
・家はいつも綺麗にして、家族が帰ってくるために整えておこう
・料理はできるだけ手作り
・仕事を持って自立して
・ママ自身も綺麗じゃなきゃね
・子供の宿題はしっかり見たいし
・休日は家族と過ごす時間にしよう

こんなことができる人っているでしょうかね。オリンピック選手並みの超人的なハイパースキルです。

イメージでいうと、両手両脇にものをかけて顎の下までものを挟んでそれでも「もっとしないと、もっとと頑張らないと」と言っている状態ですよ。

全部こなそうと思ったら、あちこちに精神的な歪みが生まれて、自分に余裕がなくなるに決まっています。手放す勇気を持とう。特に育児と家事はプロの手を借りよう。育児は昔は、一人の人間を育てるのに村ひとつ必要だ、という言われるくらい一手がかかるもの。

それを仕事を持って家事を持ちながらこなそうという時点で超人的ですよね。しかも人の手を借りることに罪悪感を感じている方がいらっしゃったら、そんな思い込みも手放して欲しいです。

いい母親は、手放す勇気を持った人です!

あなたが今、手放せるものはなんでしょうか?

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら