家族

私の今後の働き方について、割と真剣に話し合った夫婦会議のこと。

こんにちは、星野紘子です。昨日の夜、割と真剣な夫婦会議を開きました。内容は、私の働き方と育児周りのバックアップについて。現在は、私は週3日都内にアルバイトに行っており、残りは有料オンラインサロンの運営やWeb制作に携わっております。でも今後は収入源の数そのものを減らし、一本を太くしていく方向に舵を切ろうと思っています。

そこで、主人に相談することに。人に相談する時に大事なのは「感情を因数分解するスキル」ではないかな、という気付きのシェアです!

育児はどうカバーするのか

現在、2人の息子達は認可保育園に通っています。お迎えに間に合うためには、都内を16時頃には出ないといけません。そのため仕事も16時で終わりますし、何か都内で予定があってもその時間には帰宅の途につきます。もし、私が今後もっと働くとなると、16時にいつも帰るという枠を外したいと考えています。となると、今までやってきた保育園のお迎えや、その後の夕食づくりをどうするか?ということになりますよね。

私が主人へ提案したこととしては
①ベビーシッターさんに送迎+私が帰ってくるまでのシッティングを依頼
②少し離れた実家の母に定期的に送迎+シッティングを仕事として依頼
③保育園の延長保育を利用する
でした。

主人からの答えは、①は絶対ヤダ!!! ②と③、あと主人自身の仕事の調整&定時帰りでカバーがいい、とのことでした。①が絶対ヤダ!!!な理由は、知らない人と子供たちで自宅に入って欲しくないから、ということでした。私はそのあたりのマインドブロックは全くないので、少々不満ではありますが、急な変化はうまくいかないのでまずは主人の要望を受け入れることに。何事も段階がありますね。

本音に蓋をしない勇気を持つ

私はずっと外でお母さんが働くことに対して罪悪感を感じていました。早めにお迎えに行かないと子供がかわいそうだとか、できるだけ子供と一緒にいないといけないとか、昔ながらの子育ての枠にどっぷりとはまり、はみ出ないように一生懸命自分を押し込めていました。優先順位は家庭が第一でないといけないと思い込んでいましたし、仕事とは、家事と育児の合間にやるものだと思い込んでいました。

私の場合は、保育園に預けるところから罪悪感の葛藤で、遅くまで預けていることにも罪悪感を感じ、もうどれだけMなのー????というくらい、自分を痛めつけていました(笑)ナイフをグサグサ自分で刺している、そんなイメージです。思い込みや固定観念って、結局自分で自分を苦しめているだけ。私は自分が苦しい状況は、紛れもなく自分自身の心が創り出していると気づくまで1年以上もかかっています。

今、振り返って思うのですが自分の本音に蓋をしない、心の違和感をキャッチしそれを隠さないということは、自分の人生をデザインする上でとても大事な要素だということです。本音を元にデザインしないと、結局妥協だらけのへなちょこ人生ができあがる。たった一度の未来なのに・・・・
女性は特に同調圧力に屈しがちですので、心に素直になることを恐れないで欲しいです!!

相手に伝えるまで手を抜かない

現状を変えたければ、まず本音に蓋をしないで、自分はどのように変えたいと思っているのかイメージしてみる。そしてその達成のために何が必要なのかを考え、具体策に落とし込んでみる。その具体策まできたレベルで初めて誰かと相談できるんだと思います。一番身近なところでいうと、パートナー。それが男性でしたら、尚更ではないでしょうか。「今の状態がヤダーーー」といったところで何も解決しないですよね。

相手に伝えてからがスタート。恋愛なども同じですが、最後のきちんと伝えるというところまで手を抜かない心配りをすることて大事ですよね。いつもは割と感情任せに話してします私ですが、昨日はその点を気をつけて主人に相談してみました。その結果スムーズに話が進みました。感情を因数分解して話せるスキル、って特に女性には大切だと昨日の夫婦会議で学びましたよ。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから