家族

「女性」に戻れる時間は、最高の癒し

こんにちは、星野紘子です。今日は銀座に行ってきたのですが、春休みに入った土日ということもあり、たくさんの人で溢れかえっていました。歩行者天国も人が溢れ、東京って本当に人が多いですね。

そんな中、今日は一緒にインターネットで情報発信をしている仲間たちとの交流会でした。私にとって、母でもなく妻でもなく、一人の女性としていられる時間て最高の癒しなんですよね。日常生活に定期的に取り入れることを心掛けることで、私は自分の日常生活のストレスを軽減しています。

一人の女性としての時間は癒し

・母
・妻
・女性

今、私は主に3つの立場があるのですが、日常生活を普通に過ごしていると、大概「母」と「妻」で終わります。毎日家族のためにご飯を作ったり、部屋の掃除や洗濯をしたりと育児家事に多くの時間を費やします。子供が小さければなおさらですね。そんな中で「女性」としての時間は、自分が意図して取ろうとしないとなかなか難しいですが、この「女性」になれる時間が、自分にとって癒しなんだと気付きました。育児や家事から解放される時間って、とっても豊か。今日の交流会は正にそんな時間でした。

気のおけない仲間との本音トーク。ムーディーな雰囲気のレストランと、美味しいフレンチ料理。私にとって「女性」になれるこういう非日常な時間は、本当にありがたいです。子供を主人にお願いして、実家に行ってもらい、晩御飯を作ることからも解放される。なんて優雅なんだろう。出かけても晩御飯を作らなくていいなんて、素敵すぎます。育児家事に費やす時間が多い今の私にとっては、こういう「女性」に戻れる時間は何より貴重です!

癒される時間を独り占めしない

もちろん自分時間を取るためには家族の協力がなくては実現できません。私が銀座に行くことができたのは、子供の世話を一手に引き受けてほぼ一日面倒をみてくれた主人や、お昼ご飯や晩御飯の準備を全部してくれた実家の母の存在があってこそです。だからこそ、豊かな時間を過ごし、満たされたエネルギーはきちんと家族に循環しようと思っています。自分だけ満足するのではなく、満たされた豊かな気持ちをどのように周りの人に還元していくのか。この大きな循環サイクルを意識することで、「母」や「妻」としての自分もまた頑張れるのかなと考えています。

楽しい場から受け取ったエネルギーを家族に循環させる。受け取ったものを与えることで、家庭を福で満たすことができたら、素晴らしいですよね。
「楽しかった」「癒された」時間を自分だけのものにしない。受け取り与えることで、家庭をより一層パワースポットにしたいですね。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから