働き方

私の働き方改革ストーリー その②

就労条件をかえても
私は一体何がしたいんだろうという
悶々としてものが
消えなかった私は
とある本を手に取りました。

それは、
著者スティーブン・R・コヴィーの
『7つの習慣』の簡易版でした。もともとその本は知っていたのですが
生き方になやんだ私は
とりあえずやってみようかな、と
軽い気持ちでワークに
取り組み始めたんですね。
進めていくうちに、
自分の心に大きな変化があった
ことに気づきました。
あ〜、私はこんな人なんだ。
ここに価値を置いているんだ。
価値観を明確化することで
自分の輪郭が見えてきたのですね。

・誰のために
・何を
・どうして私が?

いつも自問自答していた
私が向かっていくベクトルが
おぼろげながらも見えて
きたことに驚きました。
・誰のために
・何を
・どうして私が?

この「志」こそ
人生を歩む時に大切な
設計図になるんだと気づきました。

働き方に話を戻しますと、
働き方の基準にするのは
就労条件ではないんですね。

志だと私は考えます。
志のベクトルと
同じ方向を向いている人のために
自分ができる価値を提供することが
「働く」ということで
本当はとても豊かなものだと
気づきましたよ
こういう働き方をすると
ブルーマンデーは死語になりますね。
働くとは
豊かで幸せな時間なのですから。
志ありきで
働き方を決めよう!と決めた
私は、ここから大断捨離を
決意します

【関連記事】
私の働き方改革ストーリー その①はこちら

★プロフィール★

時給から使命給へ。生きる姿をお金にしよう。

使命に沿った生き方とビジネスを融合し、本当に裕福になる起業文化を広める活動をしています。

使命給ビジネススクール主催、オンラインサロン運営11年。

正社員で働いていたのですが、育児休暇明けの家事育児・仕事の両立に挫折、お金を稼げない自分に全く価値を見出せなくなりました。

本気で働き方を変えようと藁にもすがる思いで始めた情報発信、そこから試行錯誤を繰り返しオンラインビジネスの仕組み作りの体系化に成功しました。

この経験を踏まえて、様々な方の経営のオンライン化に携わる中で見出した本当のお金持ち、本当の豊かさを探求するビジネスモデル、使命給ビジネスをお伝えしています。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから