働き方

私の働き方改革ストーリー その①

「働く」ことは、
本当はとても楽しいことでした。
嫌なことを我慢したり
人間関係に悩まされて
生活費を稼ぐために
時間を提供することでは
なかったんですね。

会社員時代、わたしは
仕事とは、
生活費と少しの人生勉強代のために
本当はやりたいことがあるはずのことを
我慢しつつ
みんなと同じように
会社に勤めることだと
思っておりました。

二人の年子の息子たちを
それぞれ別の保育園に預けて
電車に飛び乗ります。
満員電車の中では
ネットスーパーの買い物と
銀行振込など
日々の雑用をこなします。

会社につくと時短勤務なので
仕事を急いで片づけて。

定時になると
また電車に飛び乗り
保育園のお迎え、
そこからご飯をつくり、食べさせ
お風呂に寝かしつけ。
もう、くたくたで
子供と一緒に寝入っていました。

そんなものだとは
思いつつも、
時間に追われまくっていることに
限界を感じて、
私は会社を辞めました。

その時、こんなことを思いましたよ。

「在宅で仕事ができるなんて
ライフスタイルを変えられるわ」
「これからは週3日くらいで働こう♪」
「時間と場所を自由にすると
働くことが楽しくなるかも-。」

て。
そして働く条件を望むとおりに
変えていきました。

でどうなったか・・・・

未来は変わりませんでした。
主な仕事はWebの受託。
会社員時代と仕事をする場所が
変わっただけだったのですね。

結局
「嫌なことを我慢したり
人間関係に悩まされて
生活費を稼ぐために
時間を提供すること」
を表現する場所が
変わったに過ぎませんでした。

しかも
「本当にやりたいことって
こんなことだっけ?」という
もやもや感も
全然消えず・・・
あれ?
なんで変わらないのだろう。
働く条件を変えたのに
もやもや感は変わらない。
おかしいな~。

つまり、
私は会社員を辞めたら
未来を変えられると思っていました。

でも、
よく考えてみると
仕事の中身はさして変わらないのに
はたらく条件を変えても
「嫌なことを我慢したり
人間関係に悩まされて
生活費を稼ぐために
時間を提供すること」
は私の中で変化は起きませぬ。

あれ、、、、
おかしい
なんでだろう???

勇気を出して退職した一年後
私は今一度
働くことを考え直すことに
いたしました。

【関連記事】
私の働き方改革ストーリー その②


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら