働き方

昨日までの「働く」をこえてゆけ

こんばんは。
ウーマン美人学
ほしのひろこです。

働くとは、
生きること。

最近、自分の中で、
働くことは
生きていること
そのものだと、
変化していることに
気が付きました。

志を目指すための
具体的な行為が
働くことだとするならば、

生きることそのものだと
感じています。

働く=生活費のため

新入社員の頃から、
40歳くらいまで、
私は「働く」ことが
暮らしの中で
分離していました。

「働く」ために、
子供達との時間を削り
「働く」ために、
遊ぶ時間を少なくする。

生活をするためには
お金が必要で、
お金を生み出すために
外に働きに行っていました。

でも、そこには
特段疑問を持つことも
ありませんでした。

当たり前だったからです。

電車に乗って、
会社に行き、
定時まで働いて
25日にお給料をいただく。

Webプロデューサーとしての
仕事も楽しかったので、
もちろん「働く」ことにより
大切な人との時間も
平日は限られてはいましたが、

仕方のないことだと
思っていたのです。

働く=生きること

しかし、そこには
自分の志、生きる意味
という概念は
ありませんでした。

私の志とは何か。

それは、女性の在り方を
伝えることです。

お金に困っている、
お金の稼ぎ方を変えたい
お金にもっと愛されたいと
お金に悩む人たちの
根本的な原因は
その人の内面の状態に
あります。

いつもお金がない人は、
無意識のうちに
いつもお金がない
選択肢を自分で
選んでいるから、

お金がない現実が
いつもやってくる。

私は、自分の経験で、
男女は在り方が違い、
「女としてのプロ」
であることが
お金にご縁があり、
パートナーにも愛される
秘訣だと知りました。

お金の稼ぎ方を
書いてあるものは
たくさんありますが、

女性は「女としてのプロ」
=姫であることが
そもそもの土台。

パズルの最後の1ピースを
見つけた時の
喜びそのままに、

もっと伝えていきたいと
思っています。

私にとっての働くとは、
姫であることを
伝えること。

それは生きること
そのものであるし、
呼吸と同じ。

暮らしの中で他と
分離するものでもなく、
溶け込んでいます。

お金とは何か

働くとは、生きること、
志を果たすことと
再定義したのなら、
お金とはなんでしょうか。

お金とは、
生きることを味わうもの。
女性としての在り方を
伝える喜びを味わうツールです。

もちろん私はお金が大好き。

感謝と豊かさを受け取り
遠いものにしない。

昨日までの「働く」を
越えていきます。

あなたにとって
働くとはなんでしょうか。

そこに正解不正解はなく、
良し悪しもありませんので、
自由に表現して大丈夫。

どうぞ教えてくださいね。

今日もお読みいただきまして
どうもありがとうございます。

ほしのひろこ

働く、を再定義♡

この記事がよかったら
お友達にブログを紹介してくださいね!


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら