働き方

誰のために命を捧げますか?

こんにちは!
家族との時間が増えるほど
お金が増える
ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

先日行われたメルマガ読者様限定の
交流会のご感想を

いただいております!

栃木県にお住いの
M.K様から

↓↓↓ここから↓↓↓
30分遅れでの参加に
なってしまいましたが、
ひろこさんの今までの経験、
体験のお話を伺う事ができました。

私は自由に働ける時間が欲しくて
今の8時ー17時の
会社員生活から脱出したいと思ってます。

仕事は「できること』から選ぶのではなく、
本当は自分がどうしたいのか
内面を見ることが大切で

ザワザワ、イライラ、違和感を
きちんと受け取って、
立ち止まって
自由に考えてみる事が
必要だとわかりました。

自分がどうなりたいか、
どう生きたいか、
そのためにどう働きたいか考えて
シフトしていきたいと思います。

『人生は片道キップ、
 自分の命をどこに使うか』

という言葉が印象的でした。

『自分だけで頑張らない。
受け取る受け取り上手になる。
人の好意とかを受け取れないと、
お金も受け取れない。』

これ私できてない!と納得しました。
zoom通話で家に居ながら
全国各地のみなさんと繋がり
楽しくお話ができて、
たくさんの事を学ぶ事が出来ました。

(以下略)
↑↑↑ここまで↑↑↑

ありがとうございます!

このように感想をいただけると
それをまたシェアすることで
循環が生まれ
新しい価値を生み出すことが
できるんですよね

>仕事は「できること』から選ぶのではなく、
>本当は自分がどうしたいのか
>内面を見ることが大切

そうそう、まさにその通りです。

「できること」を基準に
仕事を選ぶと
それは自分の本音・魂が
求めているお志事でない
場合が多いんですね。

・こんな資格を持っているから
・この分野でキャリアが長いから
・前職がこの分野だったから

自分とは別のところにある
自分を表現するもの
(職歴や学歴)で
仕事を選び続けると
心からやりたいなと
思うことに辿り着くことはできません

仕事はね、
「誰のために」が大事なんですね

自分の貴重な時間を
誰のために使いますか

もっというと
自分の時間=命を
誰のために捧げますか?

その答えが

「お給料を払ってくれる会社」

だとするならば
人生に対して申し訳ないと
私は思うのです

>『人生は片道キップ、
>自分の命をどこに使うか』

時間は二度と戻りません
人生が片道切符だと
するならば
何に命を使うのか
一度立ち止まり
自分に問うてみることは
大切なのではないかなと
思っています

お仕事というのは
一日のうちに占める時間が
とても多いですよね

ですので
ここが充実して
心から自分がやりたいなと
思うことに捧げることができると
人生そのものが変わりますよ

今日は平成最後の平日で
明日からはいよいよ
ゴールデンウィークです
10連休!
そしていよいよ新しい時代の
幕開けですね

働き方を変えていきましょう
そのために大事なことは
あなたは
「誰のために」命を捧げたいのか
考えてみることではないでしょうか

<追伸>
最近のブログは、メルマガのバックナンバーになっています。ですので、読んでいただいていいな〜と思ったらぜひメルマガにご登録ください。メルマガの中では<↓↓ここからが本音です↓↓>ということで、さらに本音トークが炸裂しています☆この記事、まだまだ先があるんです♪

尚、個人情報はこちらからご確認いただけます。→

メルマガのご登録はこちら。もちろん無料で解除もご自由です。
https://www.mshonin.com/form/?id=613052308

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから