働き方

働き方最前線は温かかった

子育てママを、時給から存在給へ
姫ism
ほしのひろこです。

私、情報発信ビジネス講座、
Work with Life実践講座を
始めてから涙もろくなりました..

人が変化することを
こんなに間近で見る機会を
たくさんいただき、

そして変容する姿は
本当に素敵で美しく
心が洗われる気持ちがします。

1月13日の成人の日。
この日はWork with Life実践講座の
新年会でした。

1期生から現役の3期生までが
東京に集まります。

福岡・新潟・三重・岡山・富山。
遠方の方も新幹線や飛行機で
いらしてくださいました。

個が輝くスターぞろいです。

それぞれの世界観を作り、
自分たちの言葉で
価値を届けていく人たちの姿は
たくさんの勇気を
私に与えてくださっています。

思えば最初は、
私が学んだ
ビジネスのいろはを
シェアする講座として考えました。

私が実際に情報発信ビジネスを
始める時に困ったことを、
同じようにこれから取り組む人に
届けたいな、という気持ちからでした。

幸いなことにビジネスパートナーは
全面的に協力していださり、
企画はスタートしました。

私はこの講座をしようと決めた時、
妊娠6ヶ月の妊婦でした。
年明け1月には
3男が生まれる予定でした。

出産予定日は
講座の真っ只中です。

それでも周りの方の厚いご協力をいただき
スタートすることができたのです。

1期生2期生と人が集まり、
試行錯誤の連続ではありましたが
それぞれが本来のあるべき姿に
立ち戻り、世界観を作っていく。

もう感動以外、
言葉がありません。

時給を超えた、
存在給という働き方を
選択肢として持って欲しい。

情報発信を通じて、
いつでもお金を受け取ることができる
自分であって欲しい。

本来持っている価値を提供し、
それを誰かに届けることで
喜んでお金を受け取るステージに
行って欲しい。

その先の世界を
私のストーリーではこのように表現しています。

・経済的に自立をして、
 家族に応援されながら、
 自分の楽しみのために旅行に行ける

・小さな子供がいても
 家にいながら、
 必要十分なお金を稼ぐことができる

・仕事を遊びに、
  学びを仕事に
 遊びを学びに

働く場所・時間・一緒にいる人
仕事内容を決められた中で
お金を受け取る働き方、時給。

対して、働く場所・時間・一緒にいる人・
仕事内容を自分でデザインし
お金を受け取る働き方、存在給。

その人がそこに存在すること自体に意味があり、
その人がそこにあるから紡ぎ出せる
世界を提供することで
お金を受け取る働き方です。

だから存在給です。

今までの働き方とは別の選択肢を
提示することで、

今この場所でなくては働けない
この会社が潰れたら露頭に迷う
今住んでいる場所を離れたら
収入源がなくなる人たちを
なくしたいのです。

今までお金を手にしなかった
専業主婦の方が
自分でお金を受け取れるようになる。

こんな素晴らしいことって
ないと思いませんか?

好きな時に
好きな場所で
好きなことをして
好きな人のためにお役に立つ働き方。

とても素敵じゃないでしょうか。

会社員がいいとか
自営業がいいとか
そんなのはどっちでもいいのですよ。

会社員の方でしたら、
会社にしがみつかないこと。

自立した上で、自分から
会社をビジネスパートナーとして
自分で選んで働く意識が大切です。

日本人の働き方を
根本的に変えていきたい。

こんな壮大すぎる目標を掲げる一方で
毎日は目の前の道を一歩一歩を
地道に歩んでいく。

講座を主催するって
薄皮を積み重ねるように
地味なんですよね。

新年会にお集まりいただいた
精鋭チームの皆さんが
それぞれの言葉で
主催者の私たちでは届かない人たちに
情報発信の素晴らしさを
今、届けてもらっています。

卒業生や受講生が頑張る姿から、
きっと時給の壁をこえる
情報発信ベースの新しい働き方が
世の中に浸透すると確信しています。

みんなと共にした場は温かく
初めましての方も
いらっしゃったのですが
全くそんな気もしなくて、
久しぶりにあった
旧友の集まりのようでした。

今学びにいらしてくださっている
3期生を先輩方がサポートして、
みんなで豊かになれるといいなと
しみじみ思った成人式の日でした。

存在給へ♡


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら