働き方

働き方に違和感を感じる3つの理由

こんにちは。
子育てママを、時給から存在給へ
姫ism
ほしのひろこです。

今日は子供達3人が
家にいますので
賑やかです。

おやつには
末っ子ちゃんも食べられる
かぼちゃの蒸しパンを作り、
晩御飯はいつもより早めの
17:30予定。

子供達はいつも21時に寝るのですが
最近は朝起きられないので
今日から20時就寝を目指します☆

早く寝てくれ〜
あゝ自分時間…

自由に働くスタイルを
選んだことで
めいいっぱい子供と向き合うことも
選択できるありがたさがあります。

今の働き方は
私の暮らし方にあっています。

その時の状況に応じて
自分でプライベートも
仕事の時間もデザインできるところが
気に入っていますよ。

働き方が本当に自分に
あっているときは、

遊びと学びと仕事が融合した
感覚があります。

もし”溶けている感覚”がないときは
原因があるんですね。

私は自分にぴったりの職場、
快適な働き方を18年間も
模索してきました。

きっとどこかに
私に最適な場所があるし
プライベートと両立できる
働き方があると思っていました。

今、そうでないのは
まだ巡り合っていないからで
自分の行動が足りないからだとも
思っていました。

一連の試行錯誤で気づいた
働き方の違和感の原因を
私は3つだと思っています。

********

1)自分は誰のために
お役に立ちたいのか、という
在り方がないこと

2)そのお役に立つことを
どのように表現するのか、という
具体的な策がないこと

3)1)の在り方も
2)の具体的な策もないこと

********

あなたは
誰をどのようにして
喜ばせたいですか?

私の場合だと、
子育てママを
新しい働き方を提案することで
時給の壁を越える
存在給の暮らし方、
「姫」な世界を提示する、です。

私の経験則なのですが、
ここがストレートに
表現することができると
働き方に一本の軸ができて
心地よい生き方が
できるんですね。

振り返ってみると
日本では
「働く」ということを
考える機会ってないですよね。

これからの時代は
選択肢が無限大だからこそ、
働くってなんだろう
働き方をどう選べばいいだろうという
教育は必要だなと思います。

リビングで遊ぶ子供達が
大きくなる頃には
今あってなくなる仕事も
たくさんあるでしょうし、
新しい仕事もどんどん増えてくるでしょう。

だからこそ、

誰をどのように
喜ばせたいか?

という問いを家庭教育で
伝えていこうと思います。

誰をどのように喜ばせたい?


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら