Web

欲しいのは、理由ではなくて○○

ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

ひろこさんは
どうして情報発信を
教えているんですか?

先日このような
ご質問をいただきました。

ちょっと語ります(笑)

私は手に職をつけようと
通い始めた専門学校で、
Webの世界に魅了されました。

Webの世界を先導している
人たちが、

「世界中に住む人たちが
 肌の色、住んでいる場所、
 貧富の差、宗教、民族、
 言葉を超えて
 
 誰もが自分で発信できるような
 世界を目指している」

と知り、
心底感動したのです。

それまで全くWebなんて
わからなかったし、
めちゃめちゃ苦手。

宇宙人がすることだと
思っておりました。

サーバーとは
地下倉庫だと思っていましたしww

見えないところで
見えないスピードで
処理されるネットに
恐れを抱いていました。

でも、理念を知ります。

私が飛び込んだ世界は
こんなにグローバルだったの?
こんなに美しい世界だったの?

心を動かされた私は、
もっと多く方に
このWebの素晴らしさ、
インターネットのありがたさ
世界を丸ごとひっくり返すほどの
可能性を秘めているこの世界を
知って欲しくて
周りの人にお伝えしました。

そこからお声掛けをいただき、
Webのあれこれを
サポートをするに至ります。

また、私自身が
自分らしくあることを意識して、
自分を表現することで
人と繋がることができ、

働き方暮らし方を
激変させることができました。

私が掲げている
目指す理想の世界、

【女性が家族に応援されて、
 自分の楽しみのために
 旅行にいける社会】

というのは、私が
働き方を変えていく中で
初めて自分の人生を
歩んでいると実感した
出来事だったんですね。

子供を家族に預けて、
自分のために旅行に行き
しかも楽しむことができた。

大きなインパクトのある
出来事で、

ああ…私、これでいいんだな。
誰かと比べることもないし
私が私であればいいんだ。

そう思いました。

大切なのは、
働き方というのは
会社員でも
独立でもなんでもいいと
いうことです。

大事なのは、
その人らしく自然体であること。

子供の頃の自分のように
喜怒哀楽を愛し、
自然な自分を追求した先にある
無理のない心地よい
状態の働き方はどういう形か?

人の数だけ答えはありますし、
正解はありません。

正解があるとするなら
それはその人が
自然体でいられる
働き方なのではないでしょうか。

働く時間というのは
起きている時間の
大部分を占めます

働き方を変えるとは
人生を変えると等しいのです。

会社員がいいのか、
独立がいいのか。
自分を表現する場所は
どちらでもいいのです。

自己表現を通して、
自分はどうありたいのかを
見つけていく過程で、
働き方のベストな塩梅を
自分で探していく旅。

私はそんな旅を
ナビゲートするお仕事を
誇りに思っています。

ひろこさんは
どうして情報発信を
教えているんですか?

それは大好きなWebで
自分を表現して、
人と繋がることで
私自身が生き方を変えることが
できたから、ですね。

さらに私のような人を
一人でも多く増やしたいからです。

なぜ私がそれを語るのかに
正式な理由なんてないんですよ。
自分がそう思えばいい。
私が私に資格があると
知っていればいい。

私はそう思います。

自分の正解を
根拠なき自信を持って信じること。

ではまたお便り書きますね!

ほしのひろこ

根拠なき自信を持つ♡

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから