働き方

「できること」から仕事を選んでいませんか?

「できること」から選ぶ
働き方は要注意です

例えば、
転職サイトのページに
自分の持っているスキルを
入力してエンターキーを押す

そこで紹介される仕事は
自分が持っている
「できること」ベース
ですよね

・エクセルが得意
・秘書検定持ってます
・**年間~という業務に関わりました
・こういう資格があります

などなど

勿論「できること」が多いのは
とてもいいことなんですよ

でも、その「できること」は
本当にカラダの奥底から
ワクワクすることでしょうか

私は会社員の時
Web制作現場の
プロデューサーでした

プログラマーや
デザイナー、
コーダーといった
Web制作の技術がある
専門の方たちを束ねて
お客様が求める制作物を
作る現場監督みたいなお仕事です

私はずっとこの
「できること」をベースに
お仕事をしていたんですね

お金という面では条件は良くて
稼ぐという視点だけ見ると
うまくいっていたんだと思います

でもね、
違和感をぬぐい去れなかった
自分がいたんです

「お客様は、私という人間を
 求めているのではなくて
 スキルが欲しいんだ」

「スキルや技術というのは
 お金を払えば手に入るもので
 私自身という人間に魅力を感じて
 選んでもらったんではないな」

ちょっと寂しくなりました(笑

ずっとあったこの気持ちが
引き金となって
働き方を変えるという
伏線になったんだと振り返ります

あなたは、
自分が「できること」ベースに
お仕事を選んでいませんか?

・持っている資格
・長く携わってきた仕事の経験
・お金をかけて通って取得したスキル

こういう自分の肩書きで
仕事や働き方を選ぶと
それが本音と乖離している場合
辛い現実となって
次々に現れてきてしまいます

もし今、辛い現実があるとすると
ある意味チャンスなんですよ

それは心の奥底に眠る
本音という名のカラダの声が

「私の行きたい方向は
 そっちじゃないよ~

 気づいてよーーー!!」

と言っているサインだからです。

カラダの声って目に見えませんよね
目に見えないから
辛い現実として現れて

「そっちじゃないよー」

と言っている。

仮にそのように見立てる設定を
採用するならば
今まで見えなかった
たくさんのメッセージを
読み解くことができると思うのです

あなたは「できること」から
今の仕事を選んでいませんか?


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら