大切なこと

女性起業家で陥りがちな罠

私はフリーランスになった時、収入の面が不安だったので
当初たくさんの仕事を請け負っていた。
幸いにもWeb制作の分野でお声掛けいただき
仕事を掛け持ちしていた。

 

同時に情報発信もしていて
そこで繋がった人ともビジネスをしていた。

 

そして会社員よりも忙しくなる。
土日昼夜問わずパソコンの前に張り付いく日々だった。

 

私の場合、仕事と育児と家事の両立が下手くそで
うまくできなくて、最後は撃沈して会社を辞めている。
その時に思ったことは
「子供との時間をできるだけ取りたい」
「家庭の中をもっと豊かで充実させたい」
はずだった。

 

でもフリーランスになってみると
子供を保育園に預けている時間は変わらず、
子供と一緒に遊んでいるかというとそうではなく
仕事はむしろ増え、
締め切りに追われて制作しているという
本末転倒な結果になってしまっていた。
そして結果もなかなかうまくいかなかった。

 

タイムマネジメントがうまくいかなかったので
果たして自分は仕事に本当に割くことができる時間、
気持ち良く育児家事ができるレベルでの両立は
どのくらいなのだろうと考えてみる。

 

実際にかかっている時間を算出しみてみると、
私の場合は、
起きている中での全エネルギー全時間の中の30%程度しか
仕事に当てる枠がそもそもないことに気づく。

 

そうか、時間もエネルギーも
持ち合わせているうちの30%しか使えないのに
こんなに制作プロジェクトを詰め込んでできるわけがない。
そこから、取り組む仕事を一つに絞った。

 

一つの事業がある程度うまくいって
お金が回ってくるようになったら
次のプロジェクトを作っていく。

 

結局中途半端にあれもこれもと手を出すと
燃料途中で発車するロケットみたいに
途中で失速し、
そこにかけていた時間がもったいないんだと思う。

 

一つに絞る勇気を持とう。
そして、絞ったら他は手放そう。
これは怖い決断かもしれないが
所詮人間ができるキャパは限られているのだから
時間をいかに有効に使うかに注力したほうがいい。

 

女性はマルチタスクなので、
普段3つくらいのことは同時進行しているので
ビジネスだって2つくらいの掛け持ちは余裕だろう。

 

でも、あえて一つに絞ろう。
特にビジネスがルーキーの場合は
マルチタスクが足を引っ張る。

★プロフィール★

あなたの人生ストーリーをお金に変える。時給から使命給へ。星野紘子です。

幸せな家族を増やすため、家庭を持つ女性が圧倒的に豊かになる使命給という働き方を伝えています。女性が家庭:仕事=7:3で月30万円を稼げる仕組みを持つことと、家庭を育む力を応援してます。

秋に開校予定のオンラインビジネススクール、オンラインサロン「姫プロジェクト」を主催。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから