大切なこと

「半径2mの会話」から距離を取ろう

女性が自分の人生を生きるのに欠かせないことがある。
それは人と自分を比べて感情を左右されないことだ。
感情に振り回されると
自分自身のエネルギーを下げることになり
本当にもったいない。

 

私は毎年手帳を買っているが、
そこに書いている自分への戒めの言葉がある。
それは

 

【人の悪口は言わない】である。

 

 
昔大リーガーの松井秀喜のインタビューをテレビで見て
彼がずっとこれを実践していることを知り
とても心に響いた。
自分の口から、自分のエネルギーを
下げる行為は何も生まない。

 

女性は数名集まると噂話が始まる。
人を褒める話はあまりない。
子供を持つお母さんは
そこに比較対象が加わる。

 

・旦那さんの収入
・旦那さんのルックス
・子供の学歴
・身につけている洋服

 

どれもこれも自分への評価ではない。
自分がコントロールできない
アクセサリーのような事象に対して、
噂は立っていく。
さらに、そこに日々の些細な出来事の
シェアが加わると
その場にいることすら辛くなる。

 

こんな「半径2mの会話」からは
できるだけ距離を取ろう。
そこからは何も生み出さないからだ。

 

自分はどうなりたいのか。
そのためは誰のためか。
なんで自分が?

 

しっかりと生きる軸を持ち、
自分の人生を歩みたい。
そのためには比較の世界から
できるだけ距離を取ろう。
人は環境の動物なので、
周りに引っ張られる生き物だから。

 

もし比べるとするならば
過去の自分ではないだろうか。
昨日の自分ではないだろうか。
今日も昨日より
薄皮ほどかもしれないが
成長している自分であろうと思う。

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら