女の生き方

涙は本音に触れた証

子育てママを、時間給から存在給へ
姫ism
ほしのひろこです。

人って心の中の声を
自分で認めて許してあげると
涙がでるのかもしれません。

涙は本音に触れた証です。

ある手袋を
私はずっと欲しいなと
思っていました。

それはピンクで
手の甲にふわふわのラビットの
毛皮がついています。

指の先端は切れていて
秋口の終わりから
冬の初めくらいまでの
限定感があるものでした。

いいな、と思っても
使える時期が短いアクセサリーですと
これまでの私は

「欲しいな。
でも、実際にこの手袋をはめる
時期って短いだろうな」

「手の甲にふわふわの毛皮が
ついているし、
日常生活に向いてないかな」

「指の先が切れているから
真冬は寒くて使えない。
今しかはめないなら
お金がもったいないから買うの
やめようかな。」

目の前に欲しいものがあっても、
それがなくても生活に困らないものや、
自分の洋服になると、
お金がもったいないという理由で
今までたくさんのものを
諦めてきました。

でも、今回は
本音に忠実に、
買いに行くことにしました。

すると…
なぜか涙が止まりませんでした。
泣いた後の
深い満足感は忘れません。

人は心の声に触れることが
できたときに、
涙が流れるのかなと
知りました。

初めての経験です。

・おしゃれしたいな
・可愛いものを手にしたい

自分の声を大切にします。

そして、
本音とは
何も大きなものではなくてもいい。
手袋が欲しい、というように
小さくてか細い声だということも
合わせてお届けできれば嬉しいです。

愛せよ、涙♡

★プロフィール★

生きる姿が人を魅了し、本当のお金持ちになる使命給ビジネスをお伝えしています。

本当のお金持ち、本当に裕福な生き方を実現する起業家を増やします。

オンラインビジネス構築の伴走8年、オンラインサロン運営11年。

正社員で働いていたのですが、育児休暇明けの家事育児・仕事の両立に挫折、お金を稼げない自分に全く価値を見出せなくなりました。

本気で働き方を変えようと藁にもすがる思いで始めた情報発信、そこから試行錯誤を繰り返しオンラインビジネスの仕組み作りの体系化に成功しました。

この経験を踏まえて、様々な方の経営のオンライン化に携わる中で見出した本当のお金持ち、本当の豊かさを探求するビジネスモデル、使命給ビジネスをお伝えしています。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから