育児

お金を稼ぎたい。私が取り戻したかったもの

こんにちは。
子育てママを、
時給から存在給へ
姫ismほしのひろこです。

公務員の夫がいて
生活に困らないのに
なぜ私が時間を削ってまで
仕事をしたかったのか。

ある方とのやりとりで
私は”あるもの”を
取り戻したかったと
知りました。

自分のことは
自分ではわからない。

他者という鏡があって
初めて自分の姿を
みることができる。

そんなことを感じた
出来事があったんですよ。

私は今、ビジネス講座や
オンラインサロンを運営していますが、
主催する立場として
まず、自分が一番自分と向き合えないと
いけないなと感じていました。

そこで昨年末から
ある方に伴走をお願いし
内観のサポートしていただいています。

そこで出てきたのが
冒頭の問いです。

なぜ、公務員の夫がいて
生活に困っていないのに
わざわざ自分で仕事をするのか?

これはね、盲点でしたね。

私が情報発信ビジネスを始めたのは
長男が1歳、次男が生後2ヶ月でした。

普通そんな状態で自分で
ビジネスをしようと思わないけど、
私は少ない睡眠時間を削っても
挑戦しようと思ったんですね。

その気持ちは喉の渇きに
似たような感覚でした。

その行動の裏には
どんな欲求があったのか。

私は今までここに着目することが
なかったのですが、
実はここにはとても大きな
自分の本音がありました。

それは、

仕事をする自分を
取り戻したかった

のです。

稼ぎたかった、というよりも
お仕事をして社会とつながる
自分を取り戻したかった。

産休でずっといることで
なんだか世の中から
取り残された気分になって1年。
心が限界でした。

・母親は家族を優先しなければならない

こんな価値観を握りしめていました。

お金というのは
私にとって社会と自分をつなぐ
精神安定剤のようなものでした。

「額は関係ない。
いつでも自分が稼げることだ。

この社会と自分をつなぐ糸は
今は細いかもしれないけれど、
繋がってさえいれば
時が来ればいくらでも大きくなる」

お金を通して
社会と繋がりたい!
働ける自分を取りもどしたい!!

これが私の心の叫びでした。

(働く自分である証として)
お金を稼ぎたい。

こういう本音もすくい取って
あげたかったですね。

あなたは
本当は働きたいのに
子供が小さいから
家族があるからと
自分の声を封印していませんか?

家族の前に
自分がどうありたいのか。
本当の心の声を大切にしてください☆

お金を稼ぎたい自分を受け入れる


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。」「母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら