家族

抱きしめてあげればよかった

3歳になる年子の弟に意地悪をするお兄ちゃん。私は怒ってしまったけれど、本当は抱きしめてあげればよかった。

今日は反省いっぱいなママ日記です。

こんにちは、星野紘子です。自分らしくあることを大切にする働き方に変えて行くことで、愛も豊かさもはぐくめる女性を目指しています。

長男は4歳。もう時々悪なんですよ・・・何が悪かというと、弟に私が見ていない(と思っているところで)意地悪をするんです。弟のおもちゃをわざと取り上げたり、作っているレゴを壊したり・・・

もちろん私はしっかりと見ているので、お兄ちゃんを怒るんですよね。

「**君に意地悪しないのー!」
「何やってるのよーーー」

すると、お兄ちゃんは拗ねてしまい、ますますひねくれます。そして私はますますイライラするという悪循環・・・

その時は気づかなかったのですが、人って満たし満たされていないと優しくはできないものですよね。

もしかしたら、お兄ちゃんの心は何かの原因で満たされていなかったのかもしれない。
ふと冷静になってそんなことを考えました。

子供はとても素直でわかりやすいので、弱いものに辛く当たるのは自分の心が空虚な証拠なんだと思うんです。

そんな時、母親の私の対応は怒るのではなく抱きしめることだったかな。

一人そっと反省し、寝顔にキスして明日はたくさんハグしてあげよう。

自分の思考の癖を知る。意地悪をする子は悪い子だという凝り固まった私の色眼鏡。
私がどんな色眼鏡をかけているのかを教えてくれたのは子供だった。

今日は少しばかりの反省を胸にお休みなさい・・・
あー、冷静になっていると、ちゃんと自分に原因があるとわかるんだけれど、ついつい兄弟喧嘩を前にすると感情が走る自分がいるんですよね。

ママはまだまだです^^;;;

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら