お金との付き合い方

お金力は、9割のマインドと  1割の○○で出来ている

こんにちは!
ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

豊かなお一人様の時間に
なりましたね。

働き方生き方を
アップデートしようと
なさっている方へ。

自分の人生に自信を持ち、
子供が憧れるような
生き方をする
「ナチュラル・ウーマン」

そんな「ナチュラル・ウーマン」
になるために必要な視点や
考え方をお届けする活動をしています。

メルマガのテーマはお金。

【お金を最高のパートナーにする】

令和に生きる女性の在り方
視点、考え方をお届けしています。

初めてお会いします方は
どうぞよろしく
お願い申し上げます。

いつもお読み下さる皆様、
感謝の気持ちでいっぱいです。

今日は主人とランチデート、
夜はイベントに参加するために
横浜に行きます。

横浜に行くのは
以前ご案内した
「Be Colorful
~本当の自分に巡りあう旅」
のキックオフ会です。

まだお会いしたことも
顔も見たこともないのに、
同じ価値観を共有し
目指す未来を共に歩める方と
インターネットを通じて
出会えるなんて

本当に、感謝しかありません。

このメルマガを
お読みいただいているあなたも
インターネットがあるからこそ
出会えた方もたくさん
いらっしゃいます。

ありがたくって
涙出ます・・・
いつもありがとうございます!

【お金力は、9割のマインドと
 1割の○○で出来ている】

お金の状態とは
自分の心を映し出す影です。

なので、9割がマインド。

でも、残りの1割はこちら!

===============

自分の経済状況を
数字として把握する力を
身につけよう

===============

これね、
女性苦手じゃないでしょうか。
自分の資産と負債が
いくらなのか。

つまり、

<自分の現在位置がどこか>

ということをしっかりと
自分が知っていることです。

自分の立っている位置がわからないと
目指す未来までの距離がわからず

ふわふわしたものになって
首が回らなくなり
終わりになる。

こんなパターンは
副業ブームの今は
とても多いと思います。

私がこのことを
はっきりと意識しだしたのは、
自分で自分のビジネスのお金を
つぶさに見つめ直したときでした。

会社を離れて
自分でこれからはビジネスを
しようと思ったときに

お金の流れを
知ろうと思ったんですね。

だって、これまで

「あれ、いつの間にか
 お金が溶けて無くなっている」

状況が多かったから^^;;

「何に使ったんだっけ?」

「どこで使ったんだけ?」

「手に入ったお金はいつの間にか
 手元にないんですけれど・・・」

こんな状態でしたので、
まずはそこを
見直そうと決めました。

お金に愛されたければ
お金を知ることですから。

するとですね、
事業に必要な
お金の意識が自然と
身についてきた実感があります。

私が会社を離れ、
3人の保育園に通う子どもたちを
育てながらも

・お金
・家族の時間
・自分を慈しむ時間
・ゆとり

を同時に増やすことができたのは
お金に対する意識を変えたことと同時に
お金を知ることを
大切にしてきたからだろうなと
思っています。

お金とは、
<感謝の気持ち>であり
目には見えないエネルギーです。

でも一方で
水のように日々流れているものなので
その流れをスムーズにする努力も
必要なんですよ。

スムーズにお金を流すためにも
自分が今どのくらいの量の水を持って
どのくらいの水を貯め、
次に流そうとしているのか

客観的に向き合うことも
欠かせません。

未来を語る理想の生活を
見据えつつも、
現実を知る。

こんなバランス感覚で
お金を最高のパートナーに
しましょうー!

===============

自分の経済状況を
数字として把握する力を
身につけよう

===============

【お金を最高のパートナーにするメルマガ】

読んでいると視点が大きく変わりました
生き方のヒントになっています!!
毎日届くメルマガがとても楽しみです」とお声をいただいております。

無料メルマガのご登録いただくと、ブログの記事+<↓↓ここからが本音です↓↓>の本音トークを、お読みいただけます。テキストで受け取れるので、隙間時間にお読みいただけます。アクセサリー感覚であなたのお側にどうぞ。

私は会社を離れて、家族時間・収入・自分を慈しむ時間・ゆとりを同時に増やすことができました。それは自分の価値観や思考そのものを変えていったからです。メルマガでは私がインストールしてきた新しい生き方の考え方をお届けしています。

お金を最高のパートナーにするメルマガ
令和にふさわしい「ナチュラル・ウーマン」の生き方暮らし方に欠かせない視点を手に入れてみませんか?

詳細はこちら