ひとりごと

美しくなることへの抵抗

私はなぜか、
「子供を持った母親はナチュラルに」
いることを良しとして育ちました。

お化粧品を買ったり
自分の美容のためにお金を使うことに
大きな抵抗がありました。

「ほとんどお化粧なんてしないわ」
「口紅くらいしかつけないわよ」

こういう会話を祖母や母から聞いていたので
子供がいるのにお化粧品を買ったり
美容にお金をかけるのは悪という思い込みがあったのです。

しかし、子供を保育園に預け、社会に復帰しようとした時
心のそこからこんな想いが湧き上がりました


「私、もっと綺麗にしたい」

「お化粧品だって自分にあうのを手にして
お洋服だっておしゃれなものを着たい」
「自分にお金をかけたい」

正直な気持ちでした。
今まで、自分にお金をかけることにブロックがありましたし
美容にお金をかけるなんて無駄遣い、という
思い込みがあり
一人で葛藤をしていました。

もう、どれだけMなのーーーー。

でも、、、冷静に考えて・・・・

お化粧って大事よねーーー?

と気付いたわけです。

自分自身へのモチベーションの維持もあるけれど
パートナーシップ的にも重要ポイントですよね。
私が男なら自分の奥さんはいつまでも綺麗でいてほしい♪

ということで、
綺麗になることは悪いことではない!
むしろ家庭円満のためには
一定の努力が必要!!

全くこの美へのブロックの正体はなんなんでしょうねー。
心にこべり付いていた思い込みという名の
硬い殻を破っていこうと思います。

ちなみに今の私の憧れはこの方、
日本にベビーシッターの文化を創られている
「キッズライン」の創業者
経沢香保子さん
美しいわ〜。

美容にお金かけてそう♪

憧れている理由は
経沢さんが美しいだけではなく
女性が働きやすい世の中を作るために
新しいサービスを立ち上げているところや、
テクノロジーを使ってそれを実現しているところなど、
ご活躍なさっている姿を含めてでありますけどね。

・仕事を通しての社会への貢献
・美への追求
・良好なパートナーシップ

私が考える
女性が輝く三種の神器です。
(つまり、美は欠かせない要素ということです^^)

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから