ひとりごと

美しくなることへの抵抗

私はなぜか、
「子供を持った母親はナチュラルに」
いることを良しとして育ちました。

お化粧品を買ったり
自分の美容のためにお金を使うことに
大きな抵抗がありました。

「ほとんどお化粧なんてしないわ」
「口紅くらいしかつけないわよ」

こういう会話を祖母や母から聞いていたので
子供がいるのにお化粧品を買ったり
美容にお金をかけるのは悪という思い込みがあったのです。

しかし、子供を保育園に預け、社会に復帰しようとした時
心のそこからこんな想いが湧き上がりました


「私、もっと綺麗にしたい」

「お化粧品だって自分にあうのを手にして
お洋服だっておしゃれなものを着たい」
「自分にお金をかけたい」

正直な気持ちでした。
今まで、自分にお金をかけることにブロックがありましたし
美容にお金をかけるなんて無駄遣い、という
思い込みがあり
一人で葛藤をしていました。

もう、どれだけMなのーーーー。

でも、、、冷静に考えて・・・・

お化粧って大事よねーーー?

と気付いたわけです。

自分自身へのモチベーションの維持もあるけれど
パートナーシップ的にも重要ポイントですよね。
私が男なら自分の奥さんはいつまでも綺麗でいてほしい♪

ということで、
綺麗になることは悪いことではない!
むしろ家庭円満のためには
一定の努力が必要!!

全くこの美へのブロックの正体はなんなんでしょうねー。
心にこべり付いていた思い込みという名の
硬い殻を破っていこうと思います。

ちなみに今の私の憧れはこの方、
日本にベビーシッターの文化を創られている
「キッズライン」の創業者
経沢香保子さん
美しいわ〜。

美容にお金かけてそう♪

憧れている理由は
経沢さんが美しいだけではなく
女性が働きやすい世の中を作るために
新しいサービスを立ち上げているところや、
テクノロジーを使ってそれを実現しているところなど、
ご活躍なさっている姿を含めてでありますけどね。

・仕事を通しての社会への貢献
・美への追求
・良好なパートナーシップ

私が考える
女性が輝く三種の神器です。
(つまり、美は欠かせない要素ということです^^)

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス