家族

引き算思考はナチュラルじゃない?

「ジジ抜き」の経験がある方は
お分かりかと思いますが、
あのゲームは”手持ちのカードが少ない方が勝つ”
ルールです。

初めて「ジジ抜き」を経験した
3歳の息子は
”少ない方が強い”
が全く理解できませんでした

考えてみると
息子たちは
車や電車も
たくさん描いている洋服が好き。
全身車が書かれている
パジャマが一番のお気に入り。

数が多い方が強い、
数が多い方がすごいと
本能で感じています

そのため
「ジジ抜き」みたいに
数が少ない方が強い
数が少なくするようにする
というのは理解しづらいのでしょう

そういう姿を見て
引き算思考って
実は本能的ではないのかも?
と思いました。

引き算
手放し
断捨離って
意識しないと
なかなかできないのは
もともと人間足し算思考なのかも
しれません。

そのため、
引き算に
エネルギーがいるのは
ある意味自然なことなんじゃないかなと
考えてみたお盆の夕暮れでした。
あ、写真は夕暮れではないですね(汗)

2週間*無料メール講座【ウーマン美人学】
お金にご縁がある私になるメルマガ

このメール講座では、会社を離れ、お金・家族時間・ゆとりを同時に増やし、お金が循環するように手にすることができる環境を築くことができるまでの経験と、そこから独自に確立した女性としての生き方、「姫理論」をお届けしています。

↓↓メルマガのタイトルはこちら↓↓

1)人生の革命を起こしたのは40歳だった
2)その時、人生は動いた☆生まれて初めて、豊かなお金の世界を知った時
3)お天気お姉さんから、自衛隊へ
4)空に還った子供からのメッセージ
5)強制終了はこうしてやってきた
6)覚悟を問われた、不安まみれな挑戦
7)その時、人生は動いた
8)昨日までの「私」を、こえてゆけ
9)「姫」になるための4つのステップ
10)幸せは、感じとられるのを待っている
11)私をうばう、私になるな
12)野心♡は夢になる
13)謙虚な女性は一生お金に愛されない
14)私の人生を生きる

2週間*無料メール講座【ウーマン美人学】
お金にご縁がある私になるメルマガ

詳細はこちら