家族

大人特有の悪い癖

「チッチ」(鳥のこと)
「カー」(カラスのこと)
の単語しか口にしなかった息子が
ある日突然2語文を話し、文章をしゃべりだした。

子供が言葉を話す時は
「ある日突然しゃべりだす」
この都市伝説は本当でした。

口に出てこなかったものの
頭の中で言葉を蓄えており
どこかで一定のラインを越えると
どんどんあふれ出す。

二次曲線的に成長する姿をみて
はは〜、事を成すとは
こういうことかと
一人腑に落ちました。

インプットが一定量になると
そこから堰を切ったように
アウトプットがあふれ出す。

間違えながらも
アウトプットを繰り返すと
そのうち話せるようになる。

要するに
ある程度の積み重ねを経ないと
形にならないんですね。
子供は諦めるという選択肢すらありません。

「おれ、、、話すの向いてないかも」
とか、ないし笑

できるまで続ける。
話せるその日まで。
できなくても
そんなことは明日に
持ち越すこともない。

「あー、今日も話せなかったわ」
とか聞いたことないですよ。
過去に引きずられる
諦めるとは大人特有の悪い癖。
続ければできる。

本能に忠実な子供から教わることは
とても多いです。

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら