家族

受け入れるけれど、決めるのは自分、 母親との関係をデザインする

人の話には耳を傾ける謙虚さを持つ。
でも流されない。

対極にある考え方を上手にバランスよく
持つことができる人でありたいです。

私は子育てについて母親から色々と
アドバイスをされるときに
いつもイライラしていました。

押し付けられる感じが嫌で
価値観をはめられていると感じ、
こちらの立場も知らないのにと、
一方的にあれしろこれしろと
言われているように
勝手に受け取り、苦痛でした。

仮にエネルギーの器があるとすると
私の漏れどころは
母親との関係があると認めます。
(ここを受け入れるのには
勇気がいりましたが・・・)

私は母親をコントロールすることは
できないんです。
なぜなら生みの親でも他人だからです。

私ができることは
どういう関わり方をするのかと
デザインするだけ。

自分ができることというのは
何事も少なくて、
人間関係に関して言えば
人との関わり方を創ること
しかできないのではないでしょうか。

人の話やアドバイスに耳を傾ける
謙虚さを大切にすること。
でも何を選択するのか
判断するのは自分の責任です。

もしかしたらその二つは
相反するものかもしれません。

でもだからこそ
両方を持つことができる
器が大きな女性になりたいなと
思いました。

女性の器は愛情のキャパシティー。
受け入れることでさらに広がり
選択決断することで益々強いものに
なることができると嬉しいです。

他人は自分の鏡です。
どんな関わり方をデザインするのか
自分自身の力量が
問われているのではないでしょうか。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら