家族

【姫レシピ】そい丼〜家庭は社会で作るもの

こんにちは。
子育てママを、時給から存在給へ。
姫ism星野紘子です。

1歳の末っ子が昨日まで発熱。
でも今日は元気になり
お兄ちゃんたちと遊んでいます。

健康てありがたいですね。

今日はどこいく?
もう**ちゃん(末っ子)も元気になったから
水族館に行こうよー。

ママに聞いてみる?
うん、聞いてみよう。
ママ、お弁当作ってくれるかな〜。

リビングから楽しげな話声(笑)
どうやら今日は水族館に行くことになりそうです。

さて、私もそろそろ朝食の準備を☆

家庭は社会で築くもの。

なぜなら、今はシェア社会。
今は車も家具もブランドバックも
共有する時代です。

家庭だって同じこと。
自分の家庭だけで完結させるのではなく、
社会全体で作り上げていくものなのです。

姫レシピはそれぞれの家庭でいいなと
思ったものをシェアしていこう!
という発想から生まれました。

今日お届けするレシピは、
そい丼。
子供達に大人気のメニューですよ。

そい丼@姫レシピ
(「そい」とは大豆のことです)

*材料* 4人分
・豚挽肉300g
・ベーコン3枚
・春菊1/2房
・しいたけ2個
・人参1/2本
・水煮の大豆1袋

*調味料*
・みりん大さじ1
・醤油大さじ2
・砂糖大さじ2と1/2
・カレー粉小1
・水1/2カップ

【作り方】
1)大豆以外の材料を細かく刻んで、炒める。
2)1)にカレー粉以外の調味料を入れて、
水分を飛ばす
3)最後にカレー粉と大豆を入れて味を調整

【ポイント】
・カレー粉は市販のカレールーを刻んでもいいですし
粉状のものでも美味しいです

これは、給食室で10年以上働く
知人から教えていただいたレシピです。

家族にはタンパク質と野菜をたくさん食べて欲しいですね。
カレー粉が入ることで子供も食べやすいですよ。

先日は、そい丼と一緒に
サツマイモスープを作りました。

どちらも子供達が大好きで
あっという間になくなり、
好評でしたよ。

カレーが隠れ味のスパイスになります。
家族でお過ごしの週末に
いかがでしょうか?

また、姫レシピも募集しています。
あなたのとっておきのレシピも
ぜひシェアしてくださいね。

存在給、姫の世界は
どこまでも日常の暮らしが基盤です。

その日常の暮らしは
みんなで助け合い、思いやり、
お互い共有し合うことで豊かになります。

今や、夢だって一人で叶えるものではありません。
みんなで共有し、みんなで応援。
それが令和流です。

「為し合わせ」(なしあわせ)という言葉を
ご存知ですか?
今愛用している手帳で知った言葉なのですが、
自分から周りの人に何かを「してあげあう」
という意味だそうです。

これが「幸せ」の語源とも。

互いに助けあることこそ、
幸せに繋がる。
そんな意味だそうですよ。

一つの家庭は独立したものですが、
決して孤独ではない。
そんな在り方の社会は素敵ですね。

豊かな暮らしは皆で築くもの。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら