姫理論

転職したい、と思った時に読む記事

こんにちは、
ほしのひろこです。

3人の息子を育てながらも、
毎日メルマガを配信できるのは
いつもお読みいただいている方が
いらっしゃるからこそ。

大変ではありますが、
私はやっぱり女性の在り方を
伝えたいんですね。

背景には、私のストーリーがあります。

++++++++++++

1.男性社会で頑張ったけれど、成果を出しても
違和感を拭い去れず、挫折

2.その中で自分の理想の暮らし方を再定義し、
生き方を変える術を身につけることができた

3.かつての私のように、男性社会で違和感を
感じている女性たちに自分がたどってきた道を
お伝えすることで、力になりたい。

++++++++++++

「術」とは具体的に情報発信でしたが、
何よりも大事なのは在り方だと知ります。

しかも、<女性の在り方>です。

男女はそもそも違いますし、
女性が男性のそれに当てはめると苦しいです。

女性のプロフェッショナルとして
どんな立場でも自分を持つことができれば
女性はきっと幸せになれると私は信じていますよ。

そんな女性のプロフェッショナル【姫】な
在り方を今日もお届けしますね。

まずメルマガのご感想を
ご紹介いたします。
とても嬉しいです!

いつもお読みいただいています
上海在住のSさんです。

++++++++++++++++++++

ひろこさん  カオナシとは、まさに数年前の私です。

これではいけないと思い、いろいろ勉強しましたが、夫と息子を置いて、好きに生きている私に対して、またまた母からの呪いが!   

結婚したのに夫と子供をほったらかしにしているとか、お金を自分に使っているとか、、、

自分の人生を生き始めたようでいて、罪悪感満載で、全く人生を楽しめていませんでした。

せっかく、勇気を出して自分の人生を生きようと決めたのですから、ここに罪悪感は必要ないですね~。

人生を楽しむことにします。

気付けたのは、ひろこさんのメルマガのおかげです!

+++++++++++++++++++

>勇気を出して自分の人生を生きようと決めたのですから、
>ここに罪悪感は必要ないですね~。

自分の人生を生きるとは、
自分の本音を耳を傾けることから
始まります。

私は何を望んでいるのか、
どんなことをしたいのか。

罪悪感てね、
自分を知る
大きなチャンスなんですよ。

なぜなら、
本当に自分をしたい本音ちゃんに対し、
「いやいや、世間ではダメでしょ」
と既存の価値観が頭をもたげ、
本音に蓋をしたときに
罪悪感は沸いてくるから。

罪悪感は愛すべきものです☆

>気付けたのは、
>ひろこさんのメルマガのおかげです!

きゃー、
そのように言っていただけて
嬉しすぎます><

自分の言葉が
誰かに届いて
それで価値になるなんて
情報発信を始めた時には
思ってもいませんでした。

このようにありがたい
言葉を言っていただけるなんて
感無量です。

素敵なご感想を
どうもありがとうございました!

人と違うことを、磨こう

あなたは
転職したいと思ったことは
ありますか?

きっと誰もが一度は
今の職場を辞めて
自分にあった仕事をしたいと
思ったことはあるでしょう。

「今の仕事が嫌だ」

そういう思考になった時に

「辞めて自分でビジネスしようか」
「もっとお給料がいいところに行こうか」

て思っていたりしません?

これは危険信号。
なぜなら根本解決していないからです。
表面をすり替えただけですね。

大事なのは

「私はどうあれば満たされるのか?」

この一点です。

会社員だった18年、
私は何度もこんなことを
思っていました。

「もっと私が活躍できる場所が
 あるに違いない」
「もっとどこかに私に合う職場や
 仕事があるはずだ」

それで職を変えました。
でも残念なことに、
現実は変わりませんでした。

もちろんお給料や働く場所が
変われば環境は変わります。
しかし、根本的なところを
解決できていないため、
結局そこでも時間の問題で

「もっと私が活躍できる場所が
 あるに違いない」
「もっとどこかに私に合う職場や
 仕事があるはずだ」

この思考が始まるのです。

私が会社勤めから
根本的に働き方暮らし方を
変えることができたのは、

【私はどうあったら満たされ
 幸せなのか?】

ここを深掘りしたことに
あるんですね。

その結果がこちら。

【家庭:仕事=7:3で
 大卒初任給くらいの収入を
 自分で生み出せること】

下の子供はまだ0歳、
上のお兄ちゃんたちも
4・5歳と未就学児で
家庭にどうしてもエネルギーを
かけている状況のため、

仕事は私が持っているエネルギーの
30%くらいの配分が
ちょうどいいのです。

この配分や、欲しい収入額は
人それぞれ違います。

理想の暮らし方は人の数だけあるし、
働き方はその逆算思考なために
無限に選択肢があるんですね。

なぜ、今の職場が嫌なのか?
転職しないと解決できなのか?
ビジネスをすれば解決するのか?
起業したいパッションはどこにあるのか?
他業種へ転職じゃダメなのか?

自分というものを今一度
深掘りすることで
本当の望み、
本音の生き方を探っていくと
いいですよ。

働き方というのは
自分が心から望むものであれば
なんでもいいんです。

働かない、ももちろんありです。

本音は自分を苦しくしません。
自分を苦しめない生き方は
どんな生き方ですか?

転職したい方は
一度立ち止まってくださいね。
そして自分に尋ねてみてください。

どうあれば満たされるのか?

他の人と違うことを
恐れないでください。
自分だけのルールを
磨いていきましょう。

ではまたお便りしますね!
いつも頑張っている
あなたを
応援しています。

人と違うことを、磨こう♡


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。」「母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら