育児

【子育て】「千と千尋の神隠し」カオナシになっていませんか?

こんにちは。
ほしのひろこです。

「私がいないとダメなんじゃないか」
「私がいないと泣くんじゃないか」

本当は自分が不安なのに
子供が不安とすり替える。

子供を言い訳にすると
際限ありませんね。

自分の人生を歩むなら、
自分の気持ちにも
責任を持たないといけません。

メルマガのご感想を
いただきました。
ご紹介いたしますね。

Work with Life実践講座1期生、
さらに「姫」プロジェクトでも
ご一緒させていただいています
M.Gさんです。

+++++++++++++++++++++

ひろこさん、おはようございます。

私も母の服、やっと脱ぎました。
いろいろな母の服を着ていましたが、一番脱ぐのが大変だったのは、「離婚してはいけない。結婚したら、我慢して添い遂げるべき」という服だったかもしれません。

まだ、気付かずに着ている服があるかもしれません。
窮屈な服は、脱いで自由になりましょう。

私には、娘がいます。
娘に窮屈な服を着せてしまったかもしれません。
娘も私が着せてしまった窮屈に服を早く脱げるように祈ってます。

昨日のメルマガは、朝の4時台に配信されてますね。
毎日配信するという、自分で決めたことを守っている。
流石だな!
尊敬します。
オイルマネーの配布、ありがとうございまーす

+++++++++++++++++++++++++

どうもありがとうございます!
いただくご感想は
私のモチベーションです。

>私には、娘がいます。
>娘に窮屈な服を着せてしまったかもしれません。
>娘も私が着せてしまった窮屈に服を早く脱げるように祈ってます。

母親が娘にとって
価値観のすべてだとすると、
娘はどこかのタイミングで
母親から外に出る時が来ますよね。

母親が子供にできることは
しっかりと壁になることだと
思います。

超えるに値する壁だから
子供は乗り越えていく。

超えるのは子供の問題なので、
親ができることといえば
自分の人生を堂々と見せていくこと
ではないでしょうか。

1番の教育は
親が自分の人生を生き、
楽しそうに過ごしていること。

子供は言うことは聞かないけれど
背中は見ていると言いますものね。

あなたは
自分の生き方を子供達に
自信を持って見せることができますか?

誰かの言い訳にしないで
すり替えないでww
「私」はどうしたい?と
考えることが大切ですね。

「子供たちがかわいそうだから」
「子供たちが寂しがるから」

これでは
いつの間にか
自分がなくなってしまいます。

子供ではなく
あなたはどうしたいの?

ジブリ映画の中の
カオナシでは
悲しいですね。

【家族に応援されながら、
 自分のために
 月1旅行を楽しむ私になる】

旅行を楽しむと書きましたが
ブランドバックが欲しい、でもいいです。

要は自分が望むことを認め
外へ表現することを意味しています。

「私」はどうしたい?

自分の心の欲望に気がつくには
心に余裕がないとできません。
だからやっぱり心を満タンに、ですね。

またお便りしますね!

子供ではなく、「私」はどうしたい?♡


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。」「母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら