大切なこと

家庭をおブスの理由にしていた衝撃

最近自分の価値観としての衝撃的な発見は、
自分の中で美に対する優先順位が低いということ。
気づいた時は結構ショックで。

う、、家庭や仕事をその理由にしていた自分に
気が付いた出来事がありました。

私が尊敬している女性の経営者の方が
ブログでおすすめしている美容師さんがいます。
その美容師さんがこの度、
個人それぞれにあったメイクをプロデュースするという
何とも魅力的な企画がありました。

その経営者の方は私より少し歳が上なのですが
美に対して高い意識をお持ちで
私もそのようになりたいなと思っていました。

そこでこの企画を手にしたときに
私が感じたことを正直に書きますと、

「いいなー、私ももっと綺麗になりたい」
「お化粧を上手にしてこれを機会に素敵な女性の
一歩になったらいいな」

という前向きな感情がある一方で、
頭の中はどうなっているかというと、

「今私は家にいるし、
ここでお化粧を学んでも
あまり意味がないんじゃないかな・・・・」
(主に会うのは保育園の先生と主人だけ)
「個別に教えてもらわなくても、雑誌とか研究しようかな」

とブレーキをかける自分がいました。

私はその時に
心は美しいものに対して敏感でありたいし
やっぱり女性なので
もっと素敵になりたいと思う一方で
頭はそれをストップしている
自分を知ったのです。

「ああ、、、美容に対して優先順位が低かったんだ。」
こんな衝撃的な価値観があったとは。
しかも悪いことに
その原因を
・家庭があるから
・忙しい母親だから
・仕事を持っているから
と環境のせいにしていることも知りました。

う、、気づいた時は落ち込みました。

でも知ったら価値観を変えていけばいいので
このブログで宣言?するのもなんですが、
これからはもっと美・美しくなることを
大事にします♪
誰が見ているとかではなく
一番は自分のため!
自分のエネルギーが上がるのだったら
それは立派な自己投資ですね。

そんなタイミングで私にぴったりの
言葉をある本で見つけました。
【仕事をおブスのせいにすると女はおしまいよ】

心に刻みます笑

目指しているのは、女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作ること。

・子供を預けることに罪悪感があった
・自分を優先にできなかった
・本音を口に出すことができなかった

これは自分自身に向き合い、持っている価値観を丁寧に掬い取り、一つひとつ深く掘り下げていった過程を経て、初めて「自分の人生を生きている」と感じる出来事でした。

「女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作る」とは、私自身の経験から、自分の人生を生きる女性たちを象徴的に表しています。

メルマガはそんな私が日々感じること・学んだこと・ビジネスのこと・子育てやパートナーシップのことを日々お届けしています。

家族に応援され、自分の旅行を楽しむ私になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス