家族

灯台下暗し、生き方のお手本は身近にいた!?

今日は上野動物園に
遊びに行きました。

急遽決まったので、
冷蔵庫のもので
お弁当を作り、出発。

連休中ということで
とても混んでいたのですが、
柔らかい秋の陽射しのもと
楽しい一日を
過ごすことができました。

秋は本当に陽射しが優しいですね。

久しぶりに動物園に来た
子供達は大はしゃぎです。

体力が持つ限り走り回り
動物園にいる間に
全てのエネルギーを
使い果たしたのか、
帰りは歩いたまま寝て、
膝カックンする始末…

子供に

「帰らないといけないから
 体力を残しておかないと」

なんて考えはありませんものね。

子供には「今」しかありません。
未来と過去がない。

もう少し詳しくいうと、
未来への恐怖や期待、
過去への執着がないんです。

例えば歩き始めた赤ちゃんが

「明日歩けるかな…不安だ」

「昨日歩けなかったけど、
 今日は歩けるかしら」

なんて考えませんよね。

今、歩こう。
今、歩きたい。

自分が持っているエネルギーを、
この瞬間に全てを投じることができる。
だから、子供達はすごく成長が早いです。

さて、
お金にご縁がある私になるためにも、
子供達のような今ここの集中力が
大切です。

人間エネルギーと時間は
有限なので、どこに注ぐかが
人生を左右するもの。

そのためにはまず、
自分がコントロールできることと
できないことを見極めることです。
境界線が大事ですよ。

自分と他人の分離です。

エネルギーを注ぐのは
もちろんコントロールできることのみ。

間違っても
他人をどうにかしようとしないで。

他人をどうにか動かそうとするのは、
天気をどうにか変えようと
同じレベルで無理ですww

ウーマン美人学の基本は
自分と他人の分離です。

コントロールできることを見極める
自分になることですから☆

灯台下暗し。
生き方のお手本は
実は身近にいたんですね。
子供達から学ぶことは
とても多いです♪

目指しているのは、女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作ること。

・子供を預けることに罪悪感があった
・自分を優先にできなかった
・本音を口に出すことができなかった

これは自分自身に向き合い、持っている価値観を丁寧に掬い取り、一つひとつ深く掘り下げていった過程を経て、初めて「自分の人生を生きている」と感じる出来事でした。

「女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作る」とは、私自身の経験から、自分の人生を生きる女性たちを象徴的に表しています。

メルマガはそんな私が日々感じること・学んだこと・ビジネスのこと・子育てやパートナーシップのことを日々お届けしています。

家族に応援され、自分の旅行を楽しむ私になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス