ひとりごと

周りの人の活躍にざわざわしたら心掛ける一つのこと

「あの人、今日も褒められていたね」「いつもファンに囲まれていて人気があって羨ましい」「私が先に習ったのに、いつの間にか抜かれている」

心がざわざわして、周りの人のことがどんどん気になっていく。

無意識のうちに人と比較をして自分にダメ出しをしている。

これは嫉妬?でも認めるのすら嫌だ。

自分のどす黒い気持ちに蓋をしたくて、笑顔を装う。そんな自分にさらに自己嫌悪。

人は誰しも羨ましいとか妬ましいと思う気持ちは持っています。

その感情自体は何も悪くない。だって、嫉妬は赤ちゃんだってあるのだから。本能レベルに備わっている自然な感情なんですよね。

なので、もし嫉妬を感じたのならば、そのまままずは受け入れよう。そして、「あー、今嫉妬したなーー」と冷静に自分を観察する。

でもって、次に「なんで自分はそこに嫉妬したのだろう」と考えてみる。

・私もそう言う暮らしをしたいんだ
・自分が今調子が悪いんだ
・私も心の中ではなりたいと言うシグナルだった!

嫉妬の先にある自分の本当の声を聞くことができたならそこに向かって進むだけですね。

なので、感じたところまでで終わらせないことって大事だなと思います。

周りの人の活躍にざわざわしたらそこから自分が何を本当に求めているのか探ってみること。こんな風にして自分の感情と仲良くなりたいですね。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら