ひとりごと

お金が減るのは恐怖!から抜け出た一つの考え方

こんにちは、星野紘子です。

お金の使い方って難しいですよね。私はずっとお金を貯めることよりも使うことに不自由を感じていました。

ずっとお金を使うのが下手くそでした。今でもそうかもしれません。

例えば、アルバイトで働いていると「今日のランチは1500円・・・ということは、、このランチを食べると午前中に働いた一時間分がパーになる」

こんな具合に使うこと、減っていくことばかりを恐れていた気持ちがありました。

手元のお金が減ることに対して恐怖を感じていたしできるだけ溜め込もう!!と思って貯金に走ったこともあります。

でも最近この考えを変えていこうと決めました。

どう変えていているかというと「お金は自分を格上げするために使うもの」という色眼鏡をかけることにしたのです。

それまでは「お金は使えば減るもの。減ることは恐怖。今まで働いた分の時間が無駄になる」という価値観でしたが、そうではなくて「お金は使うもの。ワクワクする未来のために使うためにある」という価値観を変えています。

先ほどのランチの例えですと「1500円のランチを食べ、午後の仕事のパフォーマンスが上がると今月の目標に一歩でも近づく自分になる!」

となると、それは無駄な使い方でないと思うんですね。

要するに、お金というものに向き合う時に自分はどんな色眼鏡をかけるのか減っていく方ばかりを考えるのか自分に投資になる方を考えるのか。

二面性があるとするならどっちを採用するのか

それは自分の心が決めているという気付きでもあります。

お金は未来の自分を格上げするために使う!

この価値観を採用した私の変化は・・・乞うご期待でしょうか笑

あなたはどちらの色眼鏡をかけていますか?

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス