働き方

家事と仕事の両立にはもう悩まない、イマドキのお母さんの条件

こんにちは。
姫ismほしのひろこです。

最近お昼間にお料理をするのが
とても楽しいほしのひろこです。

今までは、
平日のお料理は、
できるだけ時短・効率化を
図っていたのですが、
ある工夫をしたことで
手間をかける楽しさを知りました〜。

月曜日の午前中、
キッズラインという
ベビーシッターサービスを利用して
お料理の作り置きをお願いすることに
いたしました。

理由はね、
最初に書いた通り
「平日の料理の時短・効率化」です。

私はもともと育った環境もあり
「食事こそ、家庭の中心であるべきである」
「食事はきちんとしたものを取るべきである」
という根強い価値観がありました。

この価値観なのですが
やはり食事は生きる基本なので
大切にしたいと思ったのですが
なにせ毎回ちゃんと作るのが面倒..

そこで他力を借りて食事を
家族と自分のために
用意しようと考えました。

書いている通り、
最初は時間の節約だったのですが、

な・ん・と、

作り置きをお願いするようになって
逆に食事に手間暇をかけることに
喜びを感じるようになったんです(驚)

自分でも驚いています(笑)

何故なのか。

それは、
作り置きをお願いするシッターさんが
料理のちょっとしたコツを
教えてくれたからなんです。

例えば、合挽きのお肉って
一度さっとお湯に通すと
脂身が取れてさっぱりして◎

玉ねぎの切り方は
私はみじん切りとスライスしか
知らなかったのですが、
輪切りにすると
見た目も美しいことを発見!

ハンバーグは
蒸すと美味しい!

私と同じ台所と調理器具を使って
材料も同じなのですが
プロが教えてくれる
ちょっとしたエッセンスを
取り入れることで
料理の幅がぐっと広がる。

楽しいですねー。

大事なのは、
教えてもらったことを
やってみることだと思います。

なんでもそうですが、
インプットだけではもったいなくて
それを自分で作ってみる。
試してみる。
わからなかったら聞く。
うまくできたら報告する。

そして一緒に喜ぶ(笑)

我が家の台所では
こんな価値循環が生まれています。

私、声を大にして言いたいのが
家事育児を
女性は一人で抱え込まないで、
ということ。

令和はみんなで豊かになる時代。
家事だって例外ではなく
自分の家庭で完結させるのではなく
社会全体でよくする発想を持つと
見える世界が広がります。

掃除・料理・家事全般が
得意な人が世の中にたくさんいます。
ですから、その人たちに
自分の手が回らないところを
助けてもらうって自然ですよね。

我が家はベビーシッターさんは
育児のパートナーとしても
大切な存在です。

育児のプロの存在は
お母さんの心を救います。

他力をどんどん借りてください。
他力を借りれるお母さんが
イマドキです。

他力を借りる♡


【無料メールマガジンのご案内】

働き方から生き方を変え、圧倒的に豊かで自由な女性になりませんか?

収入源を自分でデザインできる生き方を目指しませんか。たった一度の人生、リハーサルなしの本番。だって最高に楽しく生きたいから!!

詳細はこちら