ブログ

生き方のヒント、だからどちらも愛して欲しい

子育てママを、時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

人には言えない黒歴史。
誰にも一つや二つはあるものです。

自分で恥ずかしいと思っていること、
やってはいけないと思っていることを
人は持っているから、
小説だって生まれるのです。

陰陽があって当然、
だからね、
白も黒もどちらも愛してください。

どちらも大切な
自分の一部であり、
大切な人生ストーリーの
1ページなのですから。

舞台は鎌倉。
海水浴に行った私は
そこで先生に出会います。

東京に戻っても交流は続き、
そこで私は先生のある習慣を
知りました。

それは、月に一度
雑司が谷にある
お墓へお参りに行くこと。
なんでも親友のお墓だそうです。

実は先生には誰にも言えない
苦しい過去がありました。

親友を裏切って
自殺に追い込んで
しまったのです。

同じ下宿にすんでいた
先生と親友K。
二人は下宿のお嬢様に恋をします。

ある日Kは、そのことを
先生に告げます。
先生は、自分もお嬢様に
恋をしていたのですが
そのことを親友Kに
告げることはできませんでした。

そして、先生はお嬢様を何としても
妻にしたいと思い、
おかみさんにお嬢様と結婚の承諾を
もらいにいきます。

結果、先生はお嬢様と結婚、
おかみさんから経緯を聞いたKは
「おめでとうございます」と
告げたそうです。

その後Kは自ら人生を断ちます。

これは、有名な
夏目漱石『こころ』の
ストーリーです。

なんて地味なんだろう、
でもなんて人間心理を描いている
深い本なんだろう。

人って深い部分で
多面的な表情があるのね。

青春真っ只中、
私はこの本に魅了され
卒論のテーマにしました。

人の心は本当に色々な面を持ち
無限の色、
無限の表情があることを
この本から教わったからです。

人は白い部分ばかりじゃない。
光があれば影があるように
黒い部分もありますよ。

どちらが良い悪いと言う問題ではなく
どちらもあってよしです。

白も黒もどちらも大事、
どちらが欠けても
物語は生まれない。

黒歴史も愛しい自分の一部です。
これまでの過去は全部OK!
お届けできれば嬉しいです。

★プロフィール★

あなたの人生ストーリーをお金に変える。時給から使命給へ。星野紘子です。

幸せな家族を増やすため、家庭を持つ女性が圧倒的に豊かになる使命給という働き方を伝えています。女性が家庭:仕事=7:3で月30万円を稼げる仕組みを持つことと、家庭を育む力を応援してます。

秋に開校予定のオンラインビジネススクール、オンラインサロン「姫プロジェクト」を主催。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから