存在給

圧倒的に自由な生き方をするために必要な、たった一つのこと

子育てママを、時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

あなたは
自由に生きると聞くと
どんなイメージを持ちますか?

海外のホテルに泊まって
現地のおいしものを食べながら
パソコンをカタカタ。

場所はもしかしたら
南の島かもしれないし、
お気に入りのカフェかもしれない。

時代の追い風に乗って
人生を謳歌している。

息を吸い込むと
なんて素敵な自由の味!
と….イメージしませんか。

いえいえ、自由とは
孤独であり苦しいものです。

しかし、条件付きであれば
あなたを
本当の意味で解放するもの
でもあります。

その条件とは
「不自由であること」

最近は子供達と
朝に夕方に公園で
ボールを蹴っています。

ママ〜、サッカーしよう。
あそこがゴールね。

ちゃんと走ってよ、
遅いよーーー!!!

この歳で真剣サッカーを
やるとは思いませんで..
日々走り込んでおりますww

例えばサッカーだってね
ルールがあるから
面白いのです。

スポーツは全部そう。
ルールという制約があるから
その中でどう動こうか
考えますよね。

また、踊りもそうです。
型があるから
自分を表現することができる。

「はーい、
じゃあ自由に踊ってください!」
と言われたって、
踊れないのです。
どう動いていいかわからない。

創作料理だってそうでしょう。
料理の型があって
それを崩すから「創作」。

最初から型を意識しない料理は
単なる寄せ集めです。

今、生き方に悩む人が
激増していると言われています。

理由は「型」が
なくなってしまったからです。

いい高校行って、
いい大学行って
大きな会社に行って
一生安泰♪るん♪

誰もが信じていた神話が
崩れてしまいました。

だから迷子になる。
そりゃそうです。

もし、今生き方を変えたい
苦しい…と思う方が
いらっしゃったとしても
それは当然です。

だからこそ、新しい
生き方の提唱が必要です。

私は「型」を
自分で作りましょう!と
お伝えしています。

どんなことが好きで
どんなところを大切にして
パートナーとはどうありたくて
子供とはどう接したい?

働くとは何ですか?
生きるとは?

ぜーんぶ、オーダーメイド。
フルカスタマイズ。

その自分で作り上げた
枠の中で自分を解放する、
すると圧倒的に自由に
生きることができます。

私は4歳の時にピアノをはじめました。
一番最初に耳コピで弾いた曲は
父が愛してやまなかった
母校、慶應義塾大学の
応援歌『若き血潮』。

4歳の少女が
最初に弾いた曲にしては
なかなか硬派ですww

そんな慶應義塾大学の創設者、
幕末明治の教育者でもある
福沢諭吉は

「自由は不自由の中にあり」

という言葉を残しています。

そう、
サッカーも
野球も
踊りも
料理も
お茶もお華も

型・ルールという不自由があるから
自分を解放できるのです。

生き方も同じです。
ただし他のスポーツなどと
違うのは、
そのルールは自分で
定義をしないといけない、
という点です。

だから、
自分の生き方ルールを作ろう。
自由には制約が必要です。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら