女の生き方

あなたにとってのディズニーランド、「夢の国」は、創るもの

子育てママを、時給から存在給へ
姫ism 星野紘子です。

意地悪な継母にいじめられ、
自分の立場を嘆いていた。
でも魔法使いのおばあさんがきて
あっという間に美しいドレスを
着せてくれた。

かぼちゃの馬車に乗り、お城へ。
美しい姫は王子様と出会い
夢のような時を過ごす。
でも夜中の0時になると
元の灰かぶり姫に戻ってしまう。

そんな状況に負けずに
最後はガラスの靴をきっかけに
ハッピーエンド。
心が美しければ
きっと幸せがやってくるわ。

女性が憧れるシンデレラ物語です。

かつては夢はこういうものだという
型があった時代がありました。

でも、令和、
特にアフターコロナでは
この幸せストーリーは
自分で作っていく必要があります。

なぜなら、
生き方に正解がないからです。

人気だった旅行業界は瀕死、
かつての華型、百貨店は軒並み閉店、
コロナの影響で
業界が丸ごと消滅する今です。

ずっと勤めていた会社がなくなる現実、
通勤電車になんの違和感もなく
乗っていたのに、
もはや、テレワークが主流になりますね。

え?まだ通勤しているの?

ネットを使う仕事って
ふわふわした人がやる怪しいものじゃ
なかったの?

いえいえ、これからは
こちらが主流です。

「自分が信じていたものは
なんだったの??」

戦後に教科書を墨で
塗りつぶした時って
こんな感じだったんだろうなと
想像します。

つい一ヶ月前まで
人気な場所というのは
人がたくさん集まっていて
行列ができていて、
それでも行きたい!という所じゃ
ありませんでしたか?

でも今では
あの夢の国、ディズニーランドも
閉園しています。

今、人気な場所というのは
人がいない場所。
価値観は180度
変わってしまいました。

自分がわからなくなる。
生き方がわからなくなる。
幸せって何?

だからこそ
今私たちがすべきは
今一度自分の幸せを
自分の言葉で
再定義することなのです。

「ミミズ4匹見つけた!」
「家に連れて帰って飼ってもいい?」

力加減がわからずに
握りつぶさないか
ハラハラしながら、
次男がミミズを家につれて帰るのを
見守りました。

どうか、家の中で
逃げませんように(祈)

また、長男は今朝初めて
歯が抜けて、喜んで写メ。

「もう、捨てていいよ。」

え?もういいの?
どうやら歯は写メ用だったようです。

末っ子は怖いもの知らずで
急な滑り台も大好き。
まだ歩けませんが、
度胸はありそうだわ。

ハナミズキが美しい街路樹を横目に
今日は子供達を連れて公園へ。

かつての私は平日子供達を
遊ぶよりも、オフィスで働くこと、
お金を稼ぐことに重きをおいていました。

平日の昼間に子供と遊ぶ?
いやいや、仕事でしょう。

でも今ではすっかり変わり、
平日の昼間の
子供との濃密な時間は
「一生のうち今しかない宝物」と再定義。

働き方を存在給へシフトしたことで
どちらも自分の中の心地よいバランスで
最高に快適な生き方をしています。

これからの時代は
誰かが作ったルールではなく
自分の幸せ基準で
生き方をデザインし直していくものです。

望む未来は
「白馬の王子さま」が
やってくることでなくていい。

あなたにとって
どんな物語が幸せか
教えてくださいね。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから