大切なこと

「無知は罪」、人生の流れに乗りたい方へ

こんにちは。
子育てママを、時給から存在給へ
姫ismほしのひろこです。

今、主催している情報発信ビジネス講座で
ちょっとしたことが話題になっています。

それは、
「やり方」を求め始めたら
満たしととのえよ、のサイン
ということ。

これはね、めちゃめちゃ重要なことで、
人生の分岐点といっても過言では
ありませんよ。

今日のメルマガを
開封していただいてありがとうございます!
お宝満載な内容になりそうです(笑)

私は会社員で働いていたときに
自分の力でお金を稼ごうと
様々な副業をしていました。

・アフィリエイト
・コミュニティ運営
・Web制作の請負
・ライティング…

色々な方法に手を出して
あちこちさまよい歩きました。

こっちのやり方のほうが
自分に合っているのではないかしら。

いやいや、もっと稼げる方法が
あるはずだわ。

きっとその聖杯をまだ
手にしていないだけ。
どこかにあるに違いない。

私はきっと自分に
ベストなやり方方法を見つけることが
できるはずである。

どこかでこんな価値観を
握りしめていましたので
自分にあったやり方を
何年もさまよい歩くことになりました。

でもね、自分が納得する
答えはありませんでした(苦笑)

こういう「やり方探し」なのですが、
自信をなくすし、
お金と時間とエネルギーを無駄にします。

挙げ句の果てに、欲しい答えが見つからなくて
自己嫌悪になるという悪いおまけ付き。

でもね、結論から言うと、
人間なら誰しもあることなんです。
なぜなら、人間の脳みその構造が
そうなっているからです。

もう少し丁寧に説明すると、
人間は、エネルギーが下がってくると
「やり方」を探しがち。

それは、その人の能力ではなくて
構造上そういうものである。

だから、

=====

やり方探しを始める

エネルギーが下がっている
サインだと知る

早く寝る

=====

が脳構造から考える
正しい対処法なのですが、
かつての私のように
多く方はこの事実を知らないので、

=====

やり方探しを始める

きっとどこかにあるから
さらに探そうとする

自己嫌悪、エネルギーダダ漏れ…
さらに答えを見つけて彷徨う

=====

という負のループに入ります。

「やり方探し」を始めるとは
自分がどういう状態なのか。

立ち止まり、休む。
早く寝る。
満たしととのえる、が
正しい対処法なのです。

これ、知っている知っていないの差なのですが
人生うまくいうかどうかの
分岐点になる程インパクトがありますよね。

もしかしたら
めっちゃ小さな差かもしれない。
でも小さな行動の差が
積もり積もると
とんでもないくらい大きな差となって
人生に影響してくるんだと思いました。

私は脳の構造の事実を
ある本で知ったのですが、
これからはこういう教養て大事だと
つくづく思ったんですね。

教養ってすぐに何かの役に立つものでは
ないのですが、
でもどこかで自分の行動の指針となる
物差しのようなものだと思っています。

本を読もう。
旅をしよう。
人と会おう。

タイトル、「無知は罪」とは
古代ギリシャの哲学者
ソクラテスの言葉です。

他力を借りてでもいいので
定期的に自分が知らない分野の
知識も身につける機会を
大切にしたいとなと思います。

で、このブログでも
惜しみなくシェアしてまいりますね!

一緒に豊かになりましょう。

「やり方」を求め始めたら
満たしととのえよ、のサインです。

ぐるぐるしている自分に
自己嫌悪、さらにぐるぐる…という
ループに入らないようにご注意を!

「やり方探し」は満たせよのサイン

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから