女の生き方

本音で生きる、の盲点とは?

こんにちは。
子育てママを、時給から存在給へ
姫ism星野紘子です。

本音はそのままさらけ出せばいい
というものではありません。
表現はちゃんとコントロールしよう。

なぜなら、私たちは大人なので。
理性がありますから。
本音を世界の中心で叫んではいけません。

私、少し前にこんなご相談をいただきました。

========

よく、本音で生きようと聞きますし、
本音を大切に生きたいと思っています。

でも、私は本音をそのまま
口に出して人に言えないんです。

========

色々な場面がありますので
一概には言えないのですが、
本音というのは確かに大事だし、
自分が生きる指針になるものには
違いありませんね。

でも、それを外に出すときには
コントロールが必要ですよ。

場所と時を選ぶ必要はあるし、
言い方だって”伝わる工夫”が必要です。

なぜなら、人は一人では生きていくことはできず
他者との関わりの中にあるからです。

ときには、”言わない”こともあるし、
オブラートに包むことも大切ですよね。

本音丸出しで生きているって
赤ちゃんと変わらないです。

本音で生きるとは、
本音を周りにさらけ出す、とは違います。

課題は分離すべし。

心理学者として有名な、
アルフレッド・アドラーも

「課題の分離こそが健全な人間関係の入り口である」

と言っていますでしょ。
その通りだと思います。

・自分の領域=本音を知る
・他人と関わる領域=表現して伝える
は別物です。

しかし、分かっちゃいるけれど
これがなかなか難しい。

そこでオンラインサロン「姫プロジェクト」
を作りましたよ。

サロンの中では
一連の流れを「マトを出す」と表現しています。

「マトを出す」とは、

1)自分の本音を知り、
2)適した表現で相手に伝える

この2段階を表しています。

そして
3)受け取り、感謝をする
も忘れずに☆

自分の中から湧き上がるものを
外に向けて放ったものは、
めぐりめぐって自分の元へ。

それをしっかり受け取ることで
また新しい循環を
生み出すことができます。

この循環の在り方こそ
人生を前に進める秘訣なのです。

ただし、練習が必要ですので
必要な方は、メルマガへどうぞ☆

さて、今日のタイトル
姫のたしなみ、本音の法則。

どんなことを思ってもいい。
そこは自由である。
でも、その本音の声は
相手にちゃんと受け取ってもらえる形、
エンジェルパスで届けましょう。

本音を知ることと
表現することは別である


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら