大切なこと

逆説桃太郎「鬼は愛するもの!」姫ismの常識

時給から使命給へ
姫ism 星野紘子です。

人の心は鬼もいるし、蛇もいる。
角のあるし、尻尾もある。
でも大丈夫。

鬼は愛するものだから。

鬼が住む自分を
ちゃんと受け入れてる?
人生とは、
自己受容から始まります。

次男は左利き。
字を書くのも
お箸を持つにも左です。

私は右でも左でもどちらでも良いのですが
夫は鉛筆は右がいい、とのこと。

「日本語は右から左の文化。
だから文字は右にして欲しいな」

話し合った結果
まず鉛筆は右で練習してもらって
様子見、ということになりました。

次男は5歳です。
自分がもともと持っているものを
否定されたと受け止めないよう
言葉を選ばないといけないよね。

夫婦の課題です。

「左でできるのは素晴らしい、
でも右でできたらもっとすごい」

自己肯定感を高められるように
日々試行錯誤です。

さて、この自己肯定感。
生きる上で大切だよね、
今朝のclubhouseでお話しました。

自分を愛せない、
自分を受け入れられない人は
他人を愛せないし
受け入れることができません。

また、自分を愛してくれる人も
愛せないのです。

だから、不倫がやめられない人は
自己肯定感が低い傾向があるとは
よく言われることですね。

自分を愛せないので、
自分を愛してくれる男性(夫)を愛せない。

「こんな自分を愛するなんて」
と相手の評価を勝手に下げてしまう。

そして手の届かない、
届いてはいけないところに
手を伸ばす。

それが良いか悪いか、
そういう問題ではなく
そんな心の構造を知ったなら
あなたはどうする?
ここが大事。

ちなみに、
自己肯定感が低いと
ビジネスも難しいですね。

「こんな自分が提供するサービスを
受け取るあの人は、きっとこの程度に違いない」

言葉に書くと”げ….”と
思いますが、
でも心の中はそんな世界が広がっています。

だからね、自己を受容するとは
とても大切なステップなのです。

私は様々な方のビジネス&メンタルコーチを
今させていただいておりますが、
どんなに社会的に活躍されている方でも
やはり心は闇がありますし、
鬼が住んでいます。

まずは、闇も鬼も認めることからです。
するとビジネスだって
結果が出ますから。

ビジネスや経営で結果が出ない原因は
もちろんやり方が時代にあっていない、も
あるでしょう。

でもトップの心のあり方も
多大に影響を与えているのも事実。

自己肯定感が低いまま
ビジネスやってみてくださいな。
まあ悲惨ですよ。

自分に自信がないがために
雛壇に上がり、上から目線。
結果依存体質な人が集まる。

でもちやほやされるので
気持ちよくて
さらにのぼせ上がる。
裸の王様の出来上がりです。

そうならないためにも、
特に経営者やリーダーは
自分の心を調えることが重要です。

だってさ、
あなたの言葉でどれだけの人が
動くの?
どれだけの人に影響与えてるの?
自分で自分を調えられる、
これは傲慢です。
自分の後頭部、見えないよね。

もっというと、
もし今うまく行っているなら、
他力を借りるとさらにステージが
上がりますよ。

また、他力はね、
うまく行っている時こそ
借りて欲しいですね。

「俺、すごいかも
私、できるかも」

のぼせ上がること、要注意。
まぐれを自分の実力と
勘違いすることなかれ。

人間は弱い、
でも自分を受け入れることで
無限の可能性が拡がります。

可能性を最大化する
姫ismパーソナルセッション、
お席が埋まってきています。
キャパシティがありますので
定員になり次第募集を締め切ります。

ご興味がある方はメルマガ登録後、
詳細をお取り寄せ下さい。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から使命給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから