女の生き方

天知る、地知る、子知る、我知る〜決めたことを守る、とっておきの問い

時給から使命給へ
姫ism 星野紘子です。

誰も見ていないから、
誰も知らないから。

自分が決めたはずのルール、
いつの間にか守らなくなっている時って
ありませんか?

そんな時のとっておきの
問いかけをお届けします。

先日お送りした
「魅せられる背中、磨こう。
〜ベルギー・スイス・オーストリア・アメリカの
子育て事情から」
に温かいご感想をいただきました。

星野さま

いつも愛溢れるメルマガを
ありがとうございます。

ベルギー大好きなので、
このメルマガも興味深く
3回くらい読み返しました。

また、私は娘がこの春から
高校生になり、反抗期真っ盛りです。

物理的に大変だった乳幼児期は
仕事しながらもなんとか乗り越えましたが
今は、精神的に修行みたいだなと
感じる毎日です。

私のモットーは
親として、一人の人間として
背中で語る女になる
です。

星野さんの仰ったように
世界どこにいても本質は同じ、
まさにそう思い、私の背中を見ている
娘世代に語っていきたいとおもいました。

・何事にも愛着を持ち、
・心身健康であり、
・違いを認め、多種多様な世界を
受け入れること

含蓄深いお話、ありがとうございます。

>私のモットーは
>親として、一人の人間として
>背中で語る女になる
>です。

素敵ですね〜。
背中で語る女。
私もなりたいです!

背中の声が
実は一番大きいですものね。

私もそれまでどうしても

「日本だからこうだ」
「海外だからできることだ」

とどこか自分で制約を作っていました。

でも、それは捉え方の問題で
本質が同じだとするならば
ベルギーでも、アメリカでも
日本でも同じように子育てができると
気がつきました。

この発見、
救われる思いでした。

お受け取りいただきまして嬉しいです。
お嬢様、きっとお母様の背中を
しっかり見ていらっしゃいますね。

素敵なご感想、
ありがとうございました。

まだご覧になってない方は
こちらからどうぞ。

さて、今日は小学生春休み最終日。
午前中は近所の公園で探検ごっこ、
午後からは砂鉄を集めに行き、
夕方は鬼ごっこ。

一日中
子供たちと遊んでいましたよ。

流石に疲れたのか
途中で末っ子を寝かしつけて
そのまま寝落ち。

でもおかげさまで
すっきりして
夕方からの怒涛の時に
備えることができました。

子供たちとただ向き合って
遊んでいると私は
エネルギーが上がります。

でも、子供たちとの時間を
自分がやりたいことが進まないことからの
不安や焦りを感じて過ごすと、
一向に楽しくないし、
イライラしてしまうww

家族時間を取るための
段取りを私は大切にしています。

仕事と子育て、
どちらも120%フルコミット。
口では簡単ですが、
なかなか難しい。

なので、
自分なりのルールを決めて守っています。

ちなみに、
マイルールは、

・子供と遊んでいる時は
携帯いじらない、仕事をしない。

・仕事をする時は
子供に事情を話す。

・仕事の話を子供にもする

私は子供にも働く姿を
みてもらいたいなと思っています。

大事なのは、作ったルールを守ること。

自分で決めたことを
守っても守らなくても
誰もみてはいない。

でも、自分は知っている。

Q:ありたい未来を考えたときに
決めたことを守る自分でありたいのか、
みてないからいいやとする自分であるのか。

自分の心を欺かないでね。

決めたことを守る、
そう願う心があるなら、
守る自分であろう。

誰かが見ているとか
見ていないとか
関係ありませんね。

「天知る、地知る、子知る、我知る」

天は知っているし、
自分は知っている。

自戒を込めて。

あわせて読みたい
魅せられる背中、磨こう。〜ベルギー・スイス・オーストリア・アメリカの子育て事情から時給から使命給へ 姫ism 星野紘子です。 「どんな時代にあっても 自立する強い精神と経済力を身につける」 「今がどんな...

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から使命給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから