女の生き方

出会いの結晶が人生を編む

人生の中でみんな経験する
自分は一体何がしたいんだろう、
どこに向かっているんだろうと
ぐるぐるする時期。

そんな時期に出会い、
人生を前に進めてくださる
人の出会いがあります。

メンターと呼びますね。

さて、メンターとは
特別な時に出会うものでしょうか。

実は日常生活で
たくさんのメンターとの出会いが
あることに気づきます。

それは子供であり
家族であり
目の前のお客様であります。

今日はWork with Life実践講座の
zoomセッションがありました。

いつも思うのですが、
人はそれぞれ
ペルシャ絨毯のように美しい
人生を持っています。

色も違うし織り方も違う。
どれも個性的で美しい。

私はあなたが編んできた絨毯は
それぞれ魅力的なのだと
伝えたい。

ご本人がもしかしたら
まだ気づいていらっしゃらない
その美しさを伝えるのが
とても好きです。

これはお客様がいらっしゃるから
気づいたことです。
だからお客様はメンターです。
私のことを教えてくださるから。

また、子供と接する中でも
私はたくさんの自分の価値観と
向き合いました。

子供の面倒を誰かにみてもらう時
罪悪感を感じたことがきっかけで、
「子供は母親が面倒をみなければならない」
と言う価値観を
握りしめていることを知りました。

子育てを通して
私は自分を知ることができ
より一層自分らしくあることができたのです。

子供は母親を自由にします。

このように
メンターとは
実は身近な人なのです。

日常生活の中で出会う
目の前の人であり
家族なのです。

存在給とは
自分のストーリーを
紐解くことから始まります。

そこには無数のメンターが
いることに気づくでしょう。

暮らしの中での出会いが
今のあなたを
作り上げています。

人生とは、
人とのご縁の結晶です。

出会いを大切に。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら