ひとりごと

幸せな気持ちは他人と自分の境を溶かす

心の芯がジーンと温まるような、真の幸せの感情って、自分と他人の境を溶かします。特に、自分の大切な仲間のことになると、その人の幸せと自分の幸せが同じ感覚で受け取ることができますよ。

こんにちは、星野紘子です。働き方を変えることで、女性らしい生き方暮らし方を提案しています。

運営するオンラインサロンで、ブログの記事をコツコツ書くことで興味を持っていただいき繋がった方から報酬をいただく方がでてきました。

いやーーー、嬉しいです!!自分のことではないのですが、やはり大切な仲間の活躍というのは嬉しいものですね。

真の幸せの感覚というのは、心の芯がジーーーんと温まるような地味なものだと最近知りました。わーーわーー騒ぐような感覚ではないと。

日々、本当はたくさんの幸せのカケラがあるのでしょうけれど、感情というものは「不快」なものの方が目立つので、なかなか地味な「快」というのは気がつかないんですね。

あわせて読みたい
人は不幸な感情の方には繰り返し抱く一方で、幸せな感情には気付きにくい今日一日を振り返った時、「幸せだったな」「私は恵まれているな」と感じることよりも、自分が嫌だったことやカチンときたことを思い出すことの方...

でも今日は盛大に「快」の感情を味わいました!!

その方は、私がビジネスパートナーと運営するオンラインサロンで情報発信を1年半続けて、コツコツと毎日記事を書いていた方なんです。

本当にコツコツ・・・・毎日毎日。

これは本当に凄いことですよね!!そして、ある日、記事に書かれていた金融の話を見たその道のプロの方から連絡がありまして、

仕事に繋がったとのことなんです。

コツコツ積み重ねるのが最速最短最強なんですけれど、なかなか継続できない。

でもそこを一定期間乗り越えると一気にチャンスが開花する。

まさにそれを体現してくださいました。

私はついついブログも毎日更新予定がサボりがちでして、尊敬します・・・

そういう方の成功体験というのは、自分ごとのように嬉しいんですよね。今回のことで、私は本当の幸せという感覚は、自分と他人の境を溶かすイメージを持ちました。

心の芯がジーンと温まるような真の幸せの感情は、自分と他人の境を溶かします。本当の満たされた気持ちは地味なんですよ。

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス